logo

新興国が後押しする半導体需要

インドの調査会社RNCOS社は出版レポート「世界の半導体市場調査:市場概況と予測、アプリケーション、関連企業情報 - Semiconductor Industry Forecast to 2012」のプレスリリースにおいて、中国やインドでは、半導体デバイスなどによって、光エレクトロニクス半導体市場は大きく成長するという見通しを発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
光エレクトロニクス半導体には、ジェットバイザーから音楽用通信デバイスまで、様々な製品における様々な用途がある。よく知られているのは、プラズマ画面、CDやDVDなどの光ストレージデバイス、レーザープリンター、スキャナ、デジタルカメラなどへの利用である。これらの製品への採用が急速に進み、ここ数年の光エレクトロニクス半導体の販売はかなり拡大してきた。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「世界の半導体市場調査:市場概況と予測、アプリケーション、関連企業情報」は、光エレクトロニクス半導体の世界市場は2008年に前年比約13-15%増で、175億-180億ドルとしている。光エレクトロニクス半導体の力強い成長は、アジアの新興国のプラズマテレビ、CDやDVD、デジタルカメラの需要増加によるものである。

半導体デバイスの需要は、米国、英国、日本などの国々では下降するものの、製造メーカーは既に中国やインドに注目している。これらの国々では、これらの製品によって、光エレクトロニクス半導体市場は大きく成長するだろうとRNCOS社のシニアアナリストは見ている。

光エレクトロニクス半導体デバイスの成長が始まり、世界市場は2009-2012年にCAGR9.6%で成長するだろう。この調査レポートは、それ以外にも、IC、センサー、ディスクリート半導体などのセグメントも調査し、同時期にそれぞれCAGR8%以上、7%、5%で成長すると予測している。

調査レポート「世界の半導体市場調査:市場概況と予測、アプリケーション、関連企業情報 - Semiconductor Industry Forecast to 2012」は、世界の半導体市場の詳細な情報と分析を提供している。現在の世界の半導体市場のシナリオ、世界と各国の半導体市場の概観と予測を提供している。調査対象国は、米国、英国、ドイツ、フランス、韓国、日本、台湾、中国、インド、シンガポール、ロシアである。
また、コンピュータ、携帯電話、WiMAX端末、GPSチップセットなどの、世界の半導体の様々な潜在的アプリケーションの情報を提供している。


【調査レポート】
世界の半導体市場調査:市場概況と予測、アプリケーション、関連企業情報
Semiconductor Industry Forecast to 2012
リンク

[RNCOSについて]
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。