logo

アクテル、低コストのIGLOO nanoスターター・キットを発売

~低消費電力の大量生産製品の設計に、今すぐ入手可能~

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:
アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は本日、同社の
低消費電力IGLOO nano FPGA向けに低コストの新スターター・
キットを発表しました。

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:
アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は本日、同社の
低消費電力IGLOO<R> nano FPGA向けに低コストの新スターター・
キットを発表しました。価格49.95ドルのこの新スターター・キット
の登場により、アクテルのnano FPGAが業界でますます幅広く採用
されることが期待されます。


IGLOO nanoキットは、あらゆるロジック集積度のIGLOO nano FPGA
ならびにより低コストのProASIC3 nano FPGAのプロトタイプ設計に
使用できます。IGLOO nano ファミリとProASIC3 nanoファミリは
フットプリントに互換性があり、ユーザーはデバイスを柔軟に
選択することが可能です。スターター・キットは、アクテルの
正規代理店から購入できます。


アクテルのマーケティング/ビジネス開発担当副社長、
Rich Kapustaのコメント
「このキットを携帯機器の設計者が活用することにより、極めて
短期間で製品を開発し、消費電力、価格、サイズの面で競争力を
維持することができます。3 ミリ x 3 ミリの小さなチップを
使用するクールな携帯機器であれ、集積度が高く、高性能な
チップを使用する携帯医療機器であれ、当社では、消費電力を
意識したアプリケーションのニーズを満たすnano電力、nano価格、
nanoサイズのデバイスを各種取り揃えております」


IGLOO nanoスターター・キットには、IGLOO AGLN250V2-ZVQG100
デバイス、プログラミング・スティック、ユーザーガイド、
チュートリアル、設計例を備えた開発基板が入っています。
スターター・キットは、アクテルのLibero<R>開発ツールとの併用を
想定しており、LEDやスイッチとの接続が簡単で、すべてのI/Oが
外部システムやアプリケーションとの接続が可能なサンプル設計を
実装できます。IGLOO nano基板に装着されたプログラミング・
スティックを使用して、USB接続で、基板をプログラムすることが
可能です。IGLOO nano基板にはUART接続用に別個のUSBが備わり、
パソコンとのハイパーターミナル接続を設定して、パソコンとの間で
データをやり取りすることができます。こうした機能により、
IGLOO nanoデバイス上で動作するプログラムされたアプリケーションの
データについて、高度なコントロールが可能になります。


アクテルについて
アクテルは低消費電力とミックスド・シグナルFPGAのリーダーで、
システムならびに電力管理の広範囲にわたる製品群を提供しています。
アクテルは、電力が課題(=Power Matters)だと考えています。
詳しい情報はウェブサイトリンクをご覧下さい。

このプレスリリースの付帯情報

IGLOO nanoスターター・キット

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※ Actelの名称とロゴおよびIGLOO、ProASIC3はActel Corporationの
  商標です。その他の全ての商標とサービスマークは、
  それぞれの企業・団体に所有権が帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。