logo

光ファイバー減衰器の世界市場予測 2008-2013年

米国の調査会社エレクトロニキャスト社は、2013年、可変光減衰器は光ファイバーコンポーネントタイプ減衰器の消費の77%を占めるだろうと報告する。

カリフォルニア州アッパーレイク、2009年2月24日
光ファイバー通信市場と技術に関する予測やコンサルティングを行う米国の専門調査会社エレクトロニキャスト社は、コンポーネント/モジュールタイプの光ファイバー減衰器の世界市場の消費と技術傾向を予測・分析した調査レポート「光ファイバー減衰器の世界市場予測 2008-2013年」を出版した。

光通信コンポーネントの減衰器には主に、可変と固定の2種類がある。主に電子制御による可変光減衰器(VOA)は、2008年の世界の光ファイバーコンポーネントタイプの減衰器の消費(利用)の68%を占めている。しかし、2013年には、77%となるだろう。(図を参照)
(後略)

◆調査レポート
光ファイバー減衰器の世界市場予測 2008-2013年
リンク

◆米国エレクトロニキャスト社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。