logo

ケーブルテレビのインフラ

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが3月に刊行されました。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「ケーブルテレビのインフラ」は、CATVインフラ市場の概観を記載している。ビデオのヘッドエンド機器、CATVネットワーク設備、セットトップボックスの導入、帯域幅/周波数拡大について分析している。また、映像、音声、データ、企業向けサービスの収益の増加を査定し、衛星起業や通信企業の競合状況、視聴傾向の変化、ビデオオンデマンド、タイムシフト、HD、帯域幅拡大等の新サービスなどのビジネス課題について述べている。

◆調査レポート
ケーブルテレビのインフラ:ヘッドエンド、周波数、加入者数、セットトップボックス、DOCSIS 3.0、tru2way、収益分析 リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事