logo

ハミングヘッズ(株) 【新製品】ITシステム経費を劇的に削減する、ソフトウェアロボット 「インテリジェンスプラットフォーム」を発表

 ハミングヘッズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大江尚之、以下ハミングヘッズ)は、新製品「インテリジェンスプラットフォーム」を発表します。
 インテリジェンスプラットフォーム(以下InPアイエヌピー)は、人が行うPC上の操作を何でも自動実行させることができる“ソフトウェアロボット”(自動化ツール)です。

 サブプライム問題を契機に、経済不況に見舞われる中、企業における経費削減が喫緊の経営課題となっています。そこで弊社では業務効率を格段に向上させ、ITに費やされる莫大な経費を削減することを目的に、同製品を開発、発表するに至りました。

 ハミングヘッズでは、弊社開発の情報漏洩対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」におけるソフトウェアの品質評価にInPを導入し、70万にもおよぶテスト項目を22時間で完了。手動で品質評価を行っていた従来に対し、作業時間を約4ヶ月(30万項目)から22時間(70万項目)へ短縮し、年間可能テスト回数も2回から300回以上へと大幅にアップ。結果、コストが3分の1以下に激減しました。

 同製品は初年度導入目標をPC 30万台(ソフトウェアライセンス)とし、ソフトウェアメーカー、エンドユーザ向けに順次製品紹介を行ってまいります。                                以上


【製品・サービスに関するお問い合わせ】
ハミングヘッズ株式会社 〒104-0052 東京区中央区月島1-2-13
TEL:03-3531-7281(代表) E-mail:sales@hummingheads.co.jp
URL:リンク



<インテリジェンスプラットフォームについて>

【製品特長】
人が行うPC操作を全て自動化(以下項目参照)

InPによって自動化できること(一例)
<PCの管理>
・アプリケーションやドライバのインストール、アンインストールおよび再起動後のログオン、Windows/ Office製品などのサービスパック適用、ウィルス対策ソフトのパターンファイル更新、PCのセットアッ   プ、メールアカウント作成 ※各項目の動作検証も可能

<ルーティーン業務>
・会計資料作成、各種伝票入力、メール送受信、表やグラフの作成、大量の印刷、データの比較、
デー タ変換、 インターネットの検索、ログの収集・分析、PCの情報収集(資産管理)、データベース
への入力・更新・確認
<その他PCの操作>
・ファイルコピー・削除などのファイル操作、複数のアプリケーションにまたがった操作、 
Administrator や一般ユーザによるログオン・ログオフ・シャットダウン・再起動


【主な機能】
自動実行機能
 ・座標に依存せず、より正確な操作を実現
 ・PC環境によって異なるタイミングを待ち、確実に実行
 ・PCの再起動やログオフ、ログオン後の作業までも自動化
 ・複数のアプリケーションにまたがって実行可能
 ・自動で実行したのち、実行結果を判定
 ・繰り返しの自動実行も容易に可能
 ・操作を記録したファイルを暗号化、復号

自動操作記録機能
 ・あらゆるPC上の操作をそのまま記録
 ・操作はコマンド名で自動記録
 ・必要に応じてコマンド自体も編集可能

実行結果比較機能
 ・操作が想定通りに実行されたかをひと目で確認
 ・比較結果の成否と成功数・失敗数・合計・成功率を表示
 ・比較結果を振り分け、修正作業を短期化


【製品概念】
InPは、ユーザがGUIを使って行うOSやアプリケーションの操作をそのまま記憶し、何度でも忠実に自動実行。PC上のルーティーンワークを人間の代わりに行うことで、人間は本来の複雑かつクリエイティブな業務に専念することが可能になります。
作業の頻度と量が多ければ多いほど、人間への負担が大きければ大きいほど、インテリジェンスプラットフォームはより真価を発揮します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。