logo

米国のスマートフォン調査の回答者の17%が2008年にモバイルアプリケーションの購入に100ドル以上を支出

米国の調査会社ABIリサーチは、モバイルアプリケーションストアに関する調査資料を刊行しました。

米国ニューヨーク、2009年2月23日
米国調査会社ABIリサーチが昨年11月に行った調査によれば、2008年にスマートフォンにアプリケーションをインストールした米国の利用者235人の17%が、100ドル以上もの金額を費やした。大部分のモバイルアプリケーションが安価であることを考えると、この支出額は相当高い。 AppleのiPhone App Storeの販売価格は1、2ドル-約25ドルである。

ABIリサーチの調査レポート「モバイルアプリケーションストア」は、App Storeの安価なアプリケーションについても調査している。

「一部ではAppleのiPhone App Storeが市場を混乱させていると考えられる」とシニアアナリストのJeff Orr氏は言う。「成功を収めたミュージックストアiTuneに似たモデルを採用して、コンテンツの価格を1-2ドルまで下げている。Apple以外の販売店では、アプリケーションは約7~25ドルである。」

多くの開発者は、すべてのスマートフォンプラットフォーム用のアプリケーションを作成するリソースを持っていないため、ターゲットをひとつのプラットフォームに絞るしかない。つまり、「マージンvs.量」のジレンマに陥っているのである。iPhoneのアプリケーションを定価で大量販売して7割の利益を得るか、その他のアプリケーションストアで少数のアプリケーションを販売し、価格を高めに設定して販売毎の利益を上げるかのどちらかとなる。

「Appleは消費者にモバイルコンテンツの魅力を広く伝えるため、マーケティングに力を注いだ。その結果、業界全体にハロー効果がもたらされ、スマートフォンへの関心が高まったことで、Apple以外のプラットフォームの機器メーカーやコンテンツ開発者の販売やダウンロードが増加した。2009年、Nokia、Palm、RIM、Samsungが多数のモバイルアプリケーションストアを新設する」とOrr氏は言う。

ABIリサーチの調査レポート「モバイルアプリケーションストア」は、オンデッキおよびウェブベースのスマートフォン向けアプリケーションの出現について記載している。また、通常のビジネスモデルを解説し、AppleのiTunes App Storeを詳細に調査している。主要な市場動向、ビジネスチャンス、予測収益、2008-2013年のモバイルアプリケーションストアにおけるダウンロード数を記載している。

この調査レポートは「モバイルコンシューマー年間リサーチサービス」の一環である。

◆調査レポート
モバイルアプリケーションストア:オンデバイスとポータル市場の概観、動向、予測
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。