logo

次世代のケーブルネットワーク

米国の調査会社ヘビーリーディング社の市場調査レポートが3月に刊行されました。

米国の調査会社ヘビーリーディング社の調査レポート「次世代のケーブルネットワーク」は、光ファイバーを加入者の宅内に普及させることにより、従来のHFC(Hybrid Fiber-Coax)アーキテクチャを超えようとするMSO(Multiple Systems Operator)の取り組みの今後の見通しを調査して、ケーブルの最初の市場進出について考察している。ターゲットとなっている新たな住宅開発、共同住宅群、事業所、農村地域、その他のセグメントに設備を拡大することで住宅・商業市場のシェアを伸ばす、ケーブルオペレータの市場機会を分析している。また、FTTP市場の主要企業となるためにMSOが取り組むべき主要課題を査定し、RFoG技術が通信業者の配信システムにどの程度貢献するかを評価している。

米国の調査会社ヘビーリーディング社は、次世代ネットワークのハードウエア、ソフトウエアに関する分かりやすい分析を行い、キャリア、サービスプロバイダ、ベンダに通信技術の定量的分析を提供しています。日本国内の販売は、株式会社データリソース(東京都港区)が行っています。

◆調査レポート
次世代のケーブルネットワーク:光ファイバー技術の市場機会
リンク

◆米国ヘビーリーディング社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。