logo

エス・エフ・アイ、JX手順対応各社通信パッケージ 相互接続テストに参加、各社との接続を確認! ~JCA手順に替わる企業間データ通信を提供するために~

株式会社エス・エフ・アイ 2009年03月02日 13時00分
From DreamNews

 流通業向けのPOS・SCM・基幹システムを開発・販売する株式会社エス・エフ・アイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:石川裕道、以下エス・エフ・アイ)は、2008年10月から、次のベンダー各社のJX手順対応インターネットEDI(企業間電子データ交換)パッケージ相互間の接続性を確認するテストに参加し、期待された成果を収めましたのでお知らせいたします。
【参加企業】(50音順)
ウルシステムズ株式会社
ヴィンキュラム ジャパン株式会社
株式会社エス・エフ・アイ
エヌアイシー・インフォトレード株式会社
キヤノンITソリューションズ株式会社
株式会社データ・アプリケーション
株式会社日立製作所【協力企業】株式会社インテック富士通エフ・アイ・ピー株式会社
■ 接続テストの意義 2007年4月に流通業界を中心に新たな標準EDIの規格として策定された「流通ビジネスメッセージ標準(以下 流通BMS)」では、従来のEOSの標準として用いられていたデータ通信プロトコルであるJCA手順に代わり、インターネットEDIに対応した次世代型の"EDIINTAS2"と"ebXML MS"およびJX手順が採用されています。このような状況の中、今回クライアント-サーバ型の通信手順であるJX手順について相互接続試験を行い、期待された成果を収めました。
今回のテストを実施する事により、ITソリューションベンダー各社のパッケージ製品相互間で接続テストを一律に実施し、それら多くの組み合わせについて相互接続性が確認できました。この相互接続性の確認は、これからJX手順を導入する際に必要なデータ通信接続テストの負荷軽減し、JX手順導入の普及促進に供するものであると考えます。
■接続テストの内容・結果概要 2008年10月から、前掲のベンダー7社のパッケージ製品相互間での接続テストを、JX手順サーバパッケージ6種類とJX手順クライアントパッケージ8種類の接続41通り(自社のパッケージ同士は除く)の組み合わせにおいて実施しました。その結果、流通BMSのJX手順推奨値である1取引データ量が10MB(1万明細)までのメッセージを問題なく送受信できることが確認できました。テストはローカルネットワークで直接接続された環境下で実施し、インターネットEDIにおけるデータ通信の信頼性を保障する電子認証については、流通BMSにおいての認証局である株式会社インテック「EINS/PKI+ for EDI」から発行された証明書を使用しました。


<本件に関するお問い合わせ先>株式会社エス・エフ・アイ ビジネスソリューションシステム事業部 梶原メール :kajiwara@sfi-inc.co.jp   TEL:03-6214-1811   FAX:03-6214-1812 
<株式会社エス・エフ・アイについて>株式会社エス・エフ・アイは、長年に渡り百貨店向けトータルソリューションシステムを提供すると同時に流通業標準EDIの普及のための種々の活動を行い、流通BMS対応のRiverToneシリーズの提供を行っています。URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。