logo

デジタルサイネージ・レンタルサービス「easyLive」開始のお知らせ

株式会社モールキット 2009年03月01日 19時00分
From ValuePress!

小売業向けソフト開発会社のモールキット(沖縄県浦添市、代表取締役藤原健真)は、液晶画面や大型ディスプレイに動画や文字情報を表示する電子看板ソフトを、月額19,800円でレンタルする ASP サービス easyLive (イージーライブ)を開始したことを明らかにした。

電子看板ソフトウェアで世界シェア1位のスカラ(東京都港区、代表取締役ギヨム・プル)と国内でのレンタルサービスについて業務提携し、同社のソフトを期間貸し(ASP)する。

従来、大手電機メーカーが展開していた電子看板は、大型ディスプレイと電子看板用のソフトウェアがセットで数百万円と高額なのに対し、モールキットの商品はソフトウェアを月額19,800円で利用で機、ディスプレーはテレビやパソコン、プロジェクターなどのメーカーを問わず既存の機器を使用できる。藤原社長は「広告費を出せない中小企業や個人事業主に利用してほしい」とPRする。

専用端末は不要。ウェブ閲覧ソフトを使って、別の場所に設置された電子看板の内容を簡単に帰られ、ネットにより事務所以外でも操作できる。また、時間によって売れ筋が変わる売れ筋ランキングなど常に新鮮な情報を掲示できる。

モールキットは小規模な小売店や飲食店のほか、金融機関や診療所にも売り込みたい考え。
レンタル料収入のほか、看板に掲載するコンテンツ制作などのサービスを提供し、初年度に100契約、売上1000万円を目指す。

同社は今後、easyLive をベースにしたタッチパネルシステム開発、Felica(非接触ICカード技術)を使用したポイント制システム開発、POSシステムと連動した情報端末開発なども手がけるほか、異なる場所に設置された電子看板の放映時間を広告代理店や広告主に販売する広告プラットフォームを構築する。


お問い合せ先

〒901-2122
株式会社モールキット
沖縄県浦添市勢理客4-13-1 浦添市産業振興センター 509
電話:098-877-2900 (担当:仲間)
FAX:098-877-2908
EMAIL:inquiry@mallkit.org
ホームページ:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事