logo

Smart Messaging Conference 2009 「メッセージング環境が、ビジネスを左右する」を開催

米 ミラポイント社 CEO来日講演 「世界同時不況、企業が本格的に取り組み始めたメールサーバのTCO削減」

メッセージングアプライアンスのリーディングベンダである株式会社ミラポイントジャパン株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 湯佐 嘉人)は、来る3月3日、EメールシステムのTCO(総所有コスト)にフォーカスしたセミナー「Smart Messaging Conference / メッセージング環境が、ビジネスを左右する」を開催します。

今やビジネスインフラとなったメッセージングシステムには、24時間365日稼動し、止まることなくサービスを提供し続けることが求められています。しかし、メールシステムの重要性が高まり、セキュリティ要件も多くなる一方、経営においてはメール運用管理コストの削減が求められています。
当セミナーでは、独自のメールOS(MOS)を搭載しTCO削減の優位性について数々の第三者調査機関により証明され、IT管理者に絶大なご支持を得ているミラポイント社のアプライアンスにより、ビジネス継続を確保し、日々の運用管理もコスト削減も実現する効率の良いメッセージングシステムをご提案いたします。


さらに、ミラポイント米国本社よりChief Executive OfficerであるJeff Witousと、Product Management 担当DirectorであるJenko Hwong が来日し、海外の最新市場動向を含めて講演を行います。


_________________
■開催概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇名 称:Smart Messaging Conference 『メッセージング環境が、ビジネスを左右する』


◇日 時:2009年3月3日(火)14:00~ (13:30開場)
◇会 場:ベルサール神田
リンク


◇参 加:無料 (事前登録制)
◇定 員:100名 (定員になり次第〆切)


◇申込サイト:
リンク
◇お問合せ :
ミラポイントジャパン株式会社
E-Mail: press-j@mirapoint.com TEL: 03-5431-0256


_________________
■アジェンダ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※セミナー専用サイトWebサイトでご確認ください


14:00~
【講演1】世界同時不況、企業が本格的に取り組み始めたメールサーバのTCO削減
Mirapoint Software, Inc. Chief Executive Officer Jeff Witous (※同時通訳)


世界同時不況が現実となり、その発端でもある米国では企業が 新たな IT 投資を抑制する傾向にある中、メール専門企業であるミラポイントは 企業の経営支出ならびに設備投資費を削減するメール基盤として新たな注目を集めています。 この裏づけは、他社製品に比べ1/4 以下(*)までにTCOの削減を可能にする「アプライアンス」という製品コンセプトにあります。
メールサーバとして必要なコンポーネントを最適化した状態でワンボックスに収め、汎用 OS ではなく同社のメール専用独自 OS を搭載する Mirapoint Message Server はコスト削減を強いられる企業においてメール環境の改善を実現しています。
同社の CEO である Jeff Witous 自身が TCO の優位性と設立以来、メッセージングにのみこだわり続けた Mirapoint のカンパニビジョンについて講演を行います。 (*)Radicati Inc.


14:45~
【講演2】
来年度のメール再構築、アプライアンス型メール製品が選択肢に挙がっていますか?
Mirapoint Software, Inc. Director, Product Management Jenko Hwong (※同時通訳)


企業のメール環境を整える際にはいくつかの方法がある。まずは、自社で運用するかメールをサービスとして購入するか。また、自社運用の場合にメールソフトと汎用OSの組み合わせがあるが、費用と運用管理面において躊躇することも少なくありません。
本講演では目的特化型と呼ばれるアプライアンスメール製品がどのように「メールの 3 つの課題」―セキュリティの課題(スパムやウィルス対策)、運用上の課題(安定稼動)、管理上の課題(内部統制への対応)―を解決するか考察をすすめる。また、メールでは一歩先を行く米国における事例もご紹介します。


15:30~ 休憩


15:40~
【講演3】
ミラポイント認定販売代理店 講演
運用管理の効率化へのベストプラクティス


ITが企業活動に浸透するにつれ、新たに導入されたシステムが活用される中、個々の運用管理コストの割合が、情報システムの全体におけるコストに大きなインパクトを与える時代となりました。システムの運用管理の効率化が、ITを運用する方だけでなく、企業のIT戦略に重要な要素を占める中、メールシステムにおけるベストプラクティスは何なのでしょうか?古くからメール市場で普及しているオープンソースのシステム導入・運用との比較や、グループウェアを含む商用システムからのリプレースの際の事象もあわせ、具体的なMirapointによるメールシステム導入・運用のメリットをご紹介させて頂きます。


16:20~
【講演4】
「最新メール市場動向」から読み解く管理者をメールシステムから解放する方法定
株式会社ソースポッド 代表取締役社長 山本 剛 氏


メールは、ビジネスにおける主要なコミュニケーションインフラとして定着し、今やメールなしではビジネスが成り立たないと言っても過言ではありません。
その一方で、メールシステムは重要なインフラであるがために、様々な脅威やリスクにさらされ、ここ数年で運用管理コストは増大しております。
本講演では、株式会社ソースポッドが調査した日本国内における「最新メール市場動向」より、メールシステムの現状と増大する運用管理コストを削減するための方法をご紹介します。


17:00 閉会


※プログラムは一部変更になる場合がございますので、あらかじめご了承願います。



■ ミラポイントジャパン株式会社 について
リンク
ミラポイントは、企業、サービスプロバイダ、教育機関、および政府機関が利用するセキュアなメッセージング基盤を実現するメッセージングアプライアンスのリーディングベンダです。日々、世界では1億2000 万以上のミラポイント製メールボックスが稼動しています。ミラポイントは、メールサーバから、メールセキュリティ、MTA、そしてメールアーカイブまで、統合したメール環境を提供することで集中制御と管理性が高く、TCO(総所有コスト)に優れた"Secure Messaging Infrastructure"(安全なEメール基盤)を実現可能にします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事