logo

CSRとSiRF、Bluetooth、GPSマーケットでのリーダーシップ確立を目指し合併

Connectivity CentreにおけるCSRのリーダーシップをさらに強化

CSR plcとSiRF社(NASDAQ 略号:SIRF)は、本日、両社の合併に関する条件付契約を締結したと発表しました。今回の合併により、CSR社は、急成長を続けるGPS技術マーケットにおけるマーケットシェア拡大を実現すると共に、BluetoothとGPSの世界的リーダーというポジションをさらに盤石なものとします。

SiRFは、高品位なハードウェア、ソフトウェア及び、システムを有しており、GPS半導体マーケットのリーディング企業です。今後、CSRは、SiRFの充実した特許ポートフォリオ(GPS、A-GPS)を、当社のeGPS特許ポートフォリオに統合します。また、当社は、両社各々の強みを集約し、最先端のGPS組み込み系チップの開発をさらに推進することで、急成長を遂げているモバイルデバイス用GPSのマーケットでさらなる飛躍を目指します。CSR社では、2008年に20%前後であったモバイルハンドセットでのGPS実装率が2012年には倍増するものと試算しています。

BluetoothとGPSはいずれもCSRのConnectivity Centreのコアとなるセグメントであり、今回の合併によって、トップ企業のお客様にてすでに絶大なる信頼を得ているGPSソリューションがConnectivity Centreに追加されることとなり、CSRの戦略がさらに加速されるようになります。また、両社の顧客ベースは相互補完的な関係になっており、GPSとBluetoothのクロスセリング(抱き合わせ販売)も可能となります。

CSR社のConnectivity Centre戦略は、高集積化を誇る当社のBluetooth技術を活用して、サブシステムに付加価値のある技術を統合させようというものです。CSR社の先進的な技術とSmart Integrationアプローチにより、製品開発企業は、異なった技術であっても、リソースを共有させ、さまざまな無線規格に対応・共存させることが可能になり、優れたエンドユーザエクスペリエンスが実現する製品開発が可能です。SiRFのGPS技術の利用により、CSR社ではConnectivity Centreの戦略的な目標をより早期に達成できるようになるでしょう。

合併の完了後には以下のような措置がとられます。
-SiRFの株主の皆様には、SiRF社株1株につきCSR社の普通株0.741株の割合で株式交換が行われます。
-合併後のCSRグループに対するSiRF社株主の出資比率は27%となります。
-CSRとSiRFでは、それぞれの取締役会が全会一致で今回の合併を承認しています。
-SiRFのDiosdado P. Banatao氏およびKanwar Chadha氏は、それぞれ非常勤役員および常勤役員としてCSR社に招聘される予定です。
-合併の完了は、2009年第2四半期となる見込みです。

CSR社のCEO、Joep van Beurdenのコメント:
「財務、戦略および事業の面から見て、今回の合併は素晴らしいものだと言えます。当社では、今回の合併によって、売上の大幅拡大、拡大したグループの財務健全性とキャッシュポジションの強化、ならびに1社単独では効果の面で実現が難しかった新規の、より広範な収益機会の創出ができるようになると考えています。戦略面から言えば、今回の合併は、マーケットの発展に貢献するものであると当社が考えている戦略、Connectivity Centreにおける当社のリーダーシップを大幅に強化するものです。事業面から言えば、両社の技術、スキルセットおよび顧客ベース、ならびに将来の顧客ニーズへの対応は相互補完的なものとなっています。両社が一体となることで、今日の課題への対応、ならびに現在の厳しいマーケット状況を通じての企業体力の強化といった両面で、グループはこれまでよりはるかに有利なポジションを築くことができます。今回の合併は、株主の皆様、社員およびお客様にお喜びいただけるものとなるでしょう」

SiRFについて
SiRF, inc.(NASDAQ 略号:SIRF)は、GPSやその他の位置即位技術を利用して位置把握を行う半導体やソフトウェア製品が搭載されている、位置即位プラットフォームの開発および販売を行っています。これらのプラットフォームは、ワイヤレス接続機能やマルチメディア機能が実装されており、高容量のコンシューマ向けモバイルデバイスや商業アプリケーションにも対応しています。1995年創設のSiRF社は「SIRF」の略号でNASDAQ National Marketに上場されており、カリフォルニア州サンノゼに本社を置いています。SiRF社の技術は多様なコンシューマ向けモバイルデバイスに組み入れられており、カーナビゲーションやテレマティックス・システム、PND、携帯電話、モバイル・コンピュータ、モバイル・インターネット・デバイス、GPSを利用したレクリエーション機器(ハンドヘルドおよび装着可能なもの)、デジタルカメラとビデオカメラ、携帯ゲーム装置、幼児およびペットの追跡装置、GPSを利用した周辺機器などに搭載されているほか、ロジスティック管理システム、エンタープライズならびに通信事業者向けLBSサーバ、資産管理デバイス、フリート管理システムといった商業アプリケーションにも実装されています。 SiRF社の2008年の売上高は2億3,200万ドルで、2008年12月27日現在の総資産高は1億9,500万ドルとなっています。



<本件に関する問い合せ先>
      
シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

関連情報
http://www.csr.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事