logo

ウタゴエとJストリームが、エンドユーザーが専用ソフトなしに利用できるライブP2P配信サービス『UG Live 2』を提供開始 - 実証実験としてスペースシャトルミッションのライブ中継を実施 -

株式会社Jストリーム 2009年02月19日 13時00分
From ValuePress!

報道関係者各位                                     2009年2月19日
                                              ウタゴエ株式会社
                                            株式会社Jストリーム
----------------------------------------------------------------------------

     ウタゴエとJストリームが、エンドユーザーが専用ソフトなしに利用できる
           ライブP2P配信サービス『UG Live 2』を提供開始

      - 実証実験としてスペースシャトルミッションのライブ中継を実施 -

----------------------------------------------------------------------------

ウタゴエ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:園田 智也、以下ウタゴエ)と株式会社
Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役会長兼社長:白石 清、以下Jストリーム)は、ウタゴエの
開発した、エンドユーザーが専用ソフトをインストールせずにP2Pライブ配信が視聴できるライブ
P2P配信サービス『UG Live 2』について、ASPサービス提供に関するライセンス契約を締結
しましたのでお知らせいたします。

-----------------------------
■『UG Live 2』の特色
-----------------------------

1.専用アプリケーション(以下専用アプリ)のインストールが不要

Peer to Peer(P2P)配信は、大容量のコンテンツをインターネット配信する際に配信元の回線への
負担を飛躍的に軽減する手法として注目されています。しかし、これまでの配信方式では、
エンドユーザーが専用のアプリケーションソフトをインストールする必要があり、煩雑であると
同時に利用の心理的な障壁になることもありました。

ウタゴエが開発した『UG Live 2』はP2PエンジンにJAVAアプレットを利用する事によって、
専用アプリのインストールを不要とすることを可能にしました。

2.様々なブラウザに対応

従来のUG LiveはInternet Explorerのみのブラウザ対応でしたが、JAVAアプレット化により、
FirefoxやOpera、Safariなどブラウザに依存されず様々な環境での視聴が可能となりました。

これまで諸処の要因からユーザーが限定されてしまっていたP2Pソリューションですが、
『UG Live 2』の提供により、ライブを見たいが、環境が合わず視聴ができなかったり、
専用アプリのインストールを「面倒だから」と敬遠したりしていたユーザーに対しても、
提供の幅が飛躍的に広がります。

『UG Live 2』を体験できるデモページのURL
URL : リンク
専用アプリをインストールする必要はありませんので、気軽にP2Pを使ったライブ高画質配信を
ご体験ください。

-----------------------------
■今後の展開
-----------------------------

今回締結したASPサービス提供に関するライセンス契約に基づき、Jストリームでは配信設備を
常設して同サービスの提供を進めてまいります。過去のP2P配信実験のフィードバック、ライブ
現場において蓄積したノウハウと、『UG Live 2』の組み合わせで、大規模ライブ中継を、
ご利用頂きやすい形と低廉な価格で提供いたします。

   利用料金:300,000円より (初期費用:200,000円)
   サービスページURL : リンク

-----------------------------
■スペースシャトル「ディスカバリー号」によるNASAのスペースシャトルミッションのライブ中継について
-----------------------------

『UG Live 2』を用いて、国際宇宙ステーション(ISS)の組み立てを目的としたスペースシャトル
「ディスカバリー号」によるNASAのスペースシャトルミッション、STS-119の模様をライブ中継
いたします。本ミッションでは、日本人宇宙飛行士である若田光一氏が日本人として初めて
ISS長期滞在クルーとなり、若田宇宙飛行士は、ISS長期滞在クルーとしては初めて、スペース
シャトルのロボットアームの運用を担当します。

   ライブ配信URL : リンク
   (国際宇宙ステーション・きぼう広報・情報センターウェブサイト)
   この実証実験サイトはP2Pネットワーク実験協議会に参画しています。

(※スペースシャトルの打ち上げ目標は2009年2月27日以降とされております。本サイトでは
打ち上げの模様から、飛行3日目に予定されている国際宇宙ステーションとのドッキングまでを
中継予定です。打ち上げ日程の詳細につきましては、「国際宇宙ステーションの組立フライト
15A(STS-119)」サイト リンク にてご確認ください。)

-----------------------------
■【技術用語解説】
-----------------------------

■P2P(Peer to Peer)とは?
P2Pネットワークとは、クライアント・サーバ型ネットワークのように定まったクライアントや
サーバーを持たず、ネットワーク上の他の機器に対して、クライアントとしてもサーバーと
しても動作する機器の集合によって自律分散的に形成される通信ネットワークである。
P2Pネットワークを形成する技術を総称してP2Pネットワーク技術と呼びます。

■UG Liveとは?
ウタゴエが国内で開発したP2Pを使ったライブ配信ソリューションです。UG Liveはユーザー間で
通信を行うため、配信元サーバーのネットワーク帯域の削減が見込めます。実際の配信で、
配信元サーバーからユーザーへのネットワーク削減率は約90%以上を達成しております。
これは他社に比べ、非常に優秀な削減率です。また、小規模なライブ配信でも充分な
トラフィック削減効果が見込める所もUG Liveの特徴です。

-----------------------------
<ご参考>
■ウタゴエ株式会社について
ウタゴエ株式会社は、『ウタゴエ=コミュニケーション』のシンボルという信念の下、人々の
コミュニケーションを豊かにする技術の開発を行っております。
分散処理技術を用い、映像データをインターネット上において安価に効率的に配信可能にする
ライブ配信技術 『UG Live』、オンデマンド、ダウンロード技術『UG Data』、そして映像で空間共有、
同時体験を可能にするプラットフォーム技術『UG Communications』の三つの技術を軸に
ライセンス提供事業などを行ってまいります。

(1)商号:ウタゴエ株式会社
(2)設立年月:2001年1月
(3)所在地:東京都新宿区新宿5-10-1#1001
(4)代表者:代表取締役社長 園田智也

■株式会社Jストリームについて
社名(商号): 株式会社Jストリーム (マザーズ:4308)
設立: 1997年5月
代表者: 代表取締役会長兼社長 白石 清(しらいし きよし)
本社: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント10階
Tel: 03-4363-7000
URL: リンク
事業内容:
(1) インターネットや携帯電話網等を利用した、映像/音声/画像データ等の配信サービス
(2) 映像/音声/画像データ等の配信に関連する各種ASPサービス
(3) 映像/音声データの配信に関連するソフトウェア・ハードウェア等の開発・販売
(4) インターネットを利用した配信に関するコンサルティングサービス

■本件に関する報道関係お問合わせ先

ウタゴエ株式会社 ( リンク )
広報担当: 金子、内山
TEL : 03-6380-6311  Email : 2009@utagoe.com

株式会社Jストリーム 総務人事部広報IR課 担当:常冨
TEL: 03-4363-7100
Email用コンタクトURL: リンク


《関連URL》
リンク
リンク
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事