logo

エアネット、「Active! hunter」の提供に関してトランスウエアと提携

~ 検知率99%以上のCLOUDMARK採用により、メールホスティングのスパム対策を強化 ~

株式会社エアネット(本社:東京都品川区、代表取締役社長 井山 大介、以下エアネット)は株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役 松田 賢、以下トランスウエア)と提携し、エアネットが提供するメールホスティングサービス「ALL in Oneメール」サービスにおいて、トランスウエアが販売するアンチスパム製品「Active! hunter」を標準サービスとして提供開始いたします。

「ALL in Oneメール」サービスは、トランスウエアが開発する最新のWebメール製品「Active! mail 6」のほか、アンチスパム、アンチウィルス、メールアーカイブなどのセキュリティ機能を統合したメールホスティングサービスです。24時間365日体制での運用監視・障害対応に加え、専用サーバを利用することで大容量化と低コスト化を実現しており、300ユーザーの場合、1ユーザーあたり平均1GBのメールボックス容量に対して月額453円でのご利用が可能です。今回スパムメール対策用に「Active! hunter」を採用することで、急激に増加し続けるスパムメールへの対策を強化し、サービスレベルの向上を実現いたします。

トランスウエアの「Active! hunter」は米国のISP TOP12社中11社、日本のISP TOP10社中8社が採用している(*1)コラボレーション型の「CLOUDMARK」と学習型の「SVM」のツインエンジンを搭載したアンチスパムソリューションです。強力な2つのエンジンを中心に17種類の複合的なフィルタリングが、「日本語スパム」、「未知のスパム」、「画像スパム」、「PDFスパム」などの脅威からもお客様のメールシステムを保護します。

CLOUDMARKの「コラボレーション方式」スパムフィルタは、世界中の8億5000万人以上の登録ユーザーから寄せられるリアルタイムの情報を基にメールがスパムか否かを判断するための情報をデータベースに登録し、それらを参照することでスパムメールを特定する方式です。メールに含まれる変更不可能な情報(フィンガープリント)をスパム判定に利用するため、スパムかどうかの判断をユーザーに委ねる必要があるグレーゾーンのメールも適切に判定でき、新種や亜種にも瞬時に対応することが可能なので、検知率99%以上、誤検知率0.00001%以下の判定精度を実現しています。

(*)クラウドマーク調べ

【クラウドマーク 日本事務所代表 小島國照様のエンドースコメント】
「ALL in Oneメール」サービスにおいてActive! hunterとキャリアグレード・メッセージング・セキュリティのグローバルリーダーであるクラウドマークのテクノロジーが採用されたことを歓迎いたします。ホスティングサービスプロバイダーにとって、変化を続けるメッセージングの脅威は、ネットワークとお客様を保護する先進的なテクノロジーによる対策が必須であることを意味します。すでに日本市場においても多くのサービスプロバイダで効果が実証されているクラウドマークのフィルタリングテクノロジーは、業界最高水準の精度でお客様を保護します。

【ALL in Oneメールの特長】
   ・500ユーザー以下に特化したメールホスティングサービス
   ・ウィルス対策、スパム対策、メールアーカイブなど強力なセキュリティ機能を実装
   ・国内販売実績No.1のWebメール製品「Active! mail」を採用
   ・300GBの大容量メールボックス
   ・フルマネージドで24時間365日体制の運用監視・障害対応
 参考リンク:リンク

【Active! hunterの特長】
   ・世界中で評価されるコラボレーション型のCLOUDMARKフィルタを搭載
   ・機械学習理論に基づく学習型のSVM(Support Vector Machine)フィルタを搭載
   ・17段階な複合的なスパムフィルタリング
   ・99%以上のスパム検知率と0.00001%以下の誤検知率を実現
   ・独自の専用MTA搭載による高速処理
   ・国内開発により優れたインターフェースと使い勝手を実現
 参考リンク:リンク

■エアネットのメールシステム構築ソリューションについて
エアネットでは、500ユーザー以下に特化した「ALL in Oneメール」のほか、大規模ユーザー向けに個別にカスタマイズしたメールシステムをデータセンター内に構築、24時間365日体制での運用保守とあわせたサービスをご提供しています。
 参考リンク:リンク

■「Active! hunter」について
「Active! hunter」は、日本国内での利用環境に特化し、最適化された17種類のフィルタ群が、外国語のスパムメールだけでなく、日本語スパムメールも高精度で遮断するアンチスパム製品です。スパムフィルタ
には「CLOUDMARK」のコラボレーション型スパムフィルタと最新の機械学習理論「SVM」の強力なツインエンジンを採用し、また独自のMTAを採用することにより処理能力の高速化を実現しています。さらに国内開発による優れたインターフェースと操作性の提供、お客様の声をタイムリーに製品に反映、安心の国内メーカーサポートの提供など優れた特色を備えます。
 参考リンク:リンク

■エアネットについて
株式会社エアネットは、データセンター環境を利用したマネージドホスティングサービスやASPサービス、Webアプリケーションの開発サービスなどの提供を通じて、先進のWebシステムとネットワーク技術の融合による、新しいスタンダードの創造を目指した事業展開を行っています。
 参考リンク:リンク

■トランスウエアについて
株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築などを手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」はWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、企業や国内主要大学でのIT人材の育成やコミュニケーションの効率化に貢献しています。また、CLOUDMARKとSVMの強力なツインエンジンを搭載したアンチスパム「Active! hunter」、シンプル・セキュアーなメールアーカイブ「Active! vault」、複数のアプローチでメール誤送信や添付ファイル経由の情報漏えいを防止する「Active! gate」などのソリューションを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステム構築を支援しています。
 参考リンク:リンク

■本リリースに関するお問合わせ先
株式会社エアネット
営業グループ
Tel : 03-6717-5710
eメール : sales@air.ad.jp

株式会社トランスウエア
経営企画部 佐々木
Tel : 03-5540-0083
eメール : y_sasaki@transware.co.jp

以上

このプレスリリースの付帯情報

コラボレーション方式によるスパム判定イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。