logo

MSN、BIGLOBE、@nifty、hi-ho、@NetHome上における完全共通仕様の広告メニューを販売開始

ポータルサイトMSNと、国内大手ISPサイトトップページにおいて共通仕様で展開されているディスプレイ広告メニュー「IBAトップスクエア」へ参画しているISPサイトは、2009年4月から各サイトのトップページのディスプレイ広告の広告サイズを統一し、完全共通仕様の広告メニュー「MSN×IBAブロードリーチ ディスプレイ」として共同展開します。本広告メニューは、2009年2月中旬より株式会社サイバーウィング(東京都品川区)が販売します。

「MSN×IBAブロードリーチ ディスプレイ」では、MSNおよび「IBAトップスクエア」に参画するISPサイトBIGLOBE, @nifty, hi-ho, @NetHomeにおいて、4月1日よりトップページのディスプレイ広告サイズを「350x240ピクセル」に統一します。これにより広告主は、同一クリエイティブの広告を5サイトへ同時に掲載することができ、1週間で約700万人(※1)へのリーチが可能です。

あわせて、2009年2月より期間限定で販売している「MSN×IBAブロードリーチMOF」については、4月- 6月も継続販売します。「MSN×IBAブロードリーチMOF」は、MSN、BIGLOBE、@niftyの3サイトのトップページ上に共通のMOF広告(※2)を展開する広告商品で、幅広いリーチ、サイト誘引効果だけでなく、リッチな広告表現による高いブランディング効果が期待できます。

なお、「MSN×IBAブロードリーチ ディスプレイ」、「MSN×IBAブロードリーチMOF」ともに各サイトへの広告配信および広告メニューの販売管理はIBAトップスクエア同様、株式会社サイバーウィングが行います。

MSNとIBAに参画する各社は、各サイトが持つメディア力と、テクノロジーを融合させることで、インターネット広告のさらなる価値向上を目指します。

用語解説

※1:Nielsen//NetRatings 2009年1月度の週間データを基に算出した重複者と家庭以外からの利用者を除いた人数。
※2:MOF(マウスオーバーフローティング)広告について
MOF広告とは、ユーザーが広告クリエイティブ上にマウスオーバーすると、広告が拡大されるタイプのディスプレイ広告で、強いインパクトとブランディング効果が期待できます。
(MOF展開時の左右サイズは760ピクセル。広告掲載サイトの左右幅は最大974ピクセル。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。