logo

プレスリリース追加情報: Perfect Eraser:ファイル完全削除ソフト付 USB 新発売! 機密文書の完全削除がUSBメモリから可能です。 のプレスリリースについて追加の情報がございます。

先日発表させていただきましたプレスリリース、
【Perfect Eraser:ファイル完全削除ソフト付 USB 新発売! 機密文書の完全削除がUSBメモリから可能です。】
に追加情報がございます。
追加情報

概要
Perfect Eraserは、個人データや保存した重要ファイル、写真、動画データをHDDから完全に削除するための永久削除プログラムです。
ファイルをごみ箱に捨てて削除しても、ファイル復旧プログラムを利用すれば復旧できてしまいます。
?事務室または多くの人が使うコンピュータで重要な作業を行った後、Perfect Eraser プログラムを使ってファイルを削除すれば、ファイルはコンピュータの記録領域から永久に削除されますので、機密資料等の流出を防ぐことができます。
※ハードディスクのOSの削除機能はありませんのでご注意ください。

製品仕様
インターフェース:USB2.0 動作可能
OS:Windows 2000 SP4以上、Windows XP SP2 以上、Windows Vista32 bit
CPU:PentiumIII 800MHz以上 メモリ512MB以上
USBメモリ容量: 4GB (アプリケーション使用容量 およそ5MB)

ハードディスクの残存ファイルも削除
ファイル削除後空き領域を削除機能は、NSA方式もしくはGutmann方式との組み合わせで使用します。
?例えば ZIP ファイルのような圧縮されたファイルにファイルを追加する時の処理が挙げられます。
圧縮プログラムは、元の圧縮ファイルにファイルを追加して新しいファイルを作成した後に元ファイルを削除します。
この時に使われる削除方法は、インデックスからファイル名を削除するだけです。
このためデータ内容が空き領域に残っていますから、ファイル復旧プログラムを使えばファイルを復元することが可能です。
"空き領域削除"を行えば、プログラムがファイルを更新した時にハードディスクに残ったデータをすべて削除することができます。

修正後記事本文

概要
Perfect Eraserは、個人データや保存した重要ファイル、写真、動画データをHDDから完全に削除するための永久削除プログラムです。
ファイルをごみ箱に捨てて削除しても、ファイル復旧プログラムを利用すれば復旧できてしまいます。
事務室または多くの人が使うコンピュータで重要な作業を行った後、Perfect Eraser プログラムを使ってファイルを削除すれば、ファイルはコンピュータの記録領域から永久に削除されますので、機密資料等の流出を防ぐことができます。
※ハードディスクのOSの削除機能はありませんのでご注意ください。

製品仕様
インターフェース:USB2.0
動作可能OS:Windows 2000 SP4以上、Windows XP SP2 以上、Windows Vista32 bit
CPU:PentiumIII 800MHz以上 メモリ512MB以上
USBメモリ容量: 4GB (アプリケーション使用容量 およそ5MB)

ハードディスクの残存ファイルも削除
ファイル削除後空き領域を削除機能は、NSA方式もしくはGutmann方式との組み合わせで使用します。
例えば ZIP ファイルのような圧縮されたファイルにファイルを追加する時の処理が挙げられます。
?圧縮プログラムは、元の圧縮ファイルにファイルを追加して新しいファイルを作成した後に元ファイルを削除します。
?この時に使われる削除方法は、インデックスからファイル名を削除するだけです。
このためデータ内容が空き領域に残っていますから、ファイル復旧プログラムを使えばファイルを復元することが可能です。
"空き領域削除"を行えば、プログラムがファイルを更新した時にハードディスクに残ったデータをすべて削除することができます。


Perfect Eraser(ファイル完全削除)USBは、2通りのファイル削除方式が用意されています。

■NASA方式
米国NSA(国家安全保障局)標準方式 ランダムデータを2回、0データを1回、合計3回の記録を実施。
この方法を使用するとファイル復元プログラムを使用してもファイルの復元はできません。
?また磁気読み取り装置による解読も困難です。

■Gutmann方式
Gutmann博士がハードディスク削除のために考案した方式を使用した削除方法です。
合計35回の記録を実行します。 この方式でファイルの削除を行うと磁気読み取り装置を使用してもファイルの復旧は不可能です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。