logo

デジタルビデオカメラのSSDとビデオキャプチャはNANDフラッシュの高成長アプリケーション

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「世界のフラッシュメモリ市場調査:NOR型とNAND型の市場動向とアプリケーション別予測 - Flash Applications Drive Strong Revenues Worldwide」のプレスリリースにおいて、NANDフラッシュの収益で主要なアプリケーションとなっているデジタルビデオカメラのSSDとビデオキャプチャが、2012年まで年平均成長率(CAGR)100%超で成長するという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
NANDフラッシュの収益の、2つの主要なアプリケーションは、デジタルビデオカメラ(DVC)のソリッドステートドライブ(SSD)とビデオキャプチャで、2012年まで年平均成長率(CAGR)100%で成長するだろうと、米国調査会社インスタット社は報告する。そのため、NANDフラッシュ市場のこれ以外のセグメントの弱点も克服でき、市場全体でのCAGR30%を達成するだろう。

「NANDフラッシュのトップ4のアプリケーションは、今後も、MP3プレイヤー/PMP、携帯電話、アフターマーケットカード、USBフラッシュドライブで、今後2年間はこの4つの合計が80%以上を占めるだろう。2012年には70%まで下落するだろうが、それは、デジタルビデオカメラのSSDとビデオキャプチャの成長による」とインスタット社のアナリストJim McGregor氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ NANDフラッシュメモリ市場の大手企業は、Samsung(三星)、東芝、Hynixで、2007年にはシェアを落とした。比較的小規模な企業であるMicronやIntelはシェアを伸ばした
■ 世界のNANDフラッシュの収益は、2007-2012年にCAGR29.7%で成長し、610億ドルに達するだろう
■ 世界のNORフラッシュの収益は、2007-2012年にCAGR6%で上昇するだろう

インスタット社の調査レポート「世界のフラッシュメモリ市場調査:NOR型とNAND型の市場動向とアプリケーション別予測 - Flash Applications Drive Strong Revenues Worldwide」は、フラッシュメモリの世界市場を調査した。NORフラッシュとNANDフラッシュの両方の市場を考察し、特に比較的大きな市場を占めるNANDをよく調査した。NORフラッシュとNANDフラッシュの地域毎の傾向と予測、NAND価格の推移とサプライヤのプロセスの移行、NANDフラッシュの主要なエンドアプリケーション市場毎の分析と、2012年までのフラッシュ収益予測(地域ごと、カテゴリーごと、搭載製品ごと)も記載している。


【調査レポート】
世界のフラッシュメモリ市場調査:NOR型とNAND型の市場動向とアプリケーション別予測
Flash Applications Drive Strong Revenues Worldwide
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。