logo

サムスン電子とLG電子の競争力分析を掲載した「2008年版 サムスン電子とLG電子の競争力分析」出版

ROA Groupが出版した「2008年版 サムスン電子とLG電子の競争力分析 - 財務・組織分析、マーケティング戦略を中心に」レポートは、サムスン電子とLG電子の動向や戦略をそれぞれ詳細に調査し、分析を行っています。
また、売上推移データや主要製品、組織図などの図表を提供しています。

【目次】

エグゼクティブサマリー

1 サムスン電子の競争力分析
  1-1 財務分析
      1-1-1 堅調な売上に反して悪化する営業利益
      1-1-2 サムスン電子を支える3つの柱
      1-1-3 自己資本利益率(ROE)の下落傾向

  1-2 組織分析

      1-2-1 大幅な組織再編
      1-2-2 「ニューサムスン」に向けたグループ全体の組織再編とサムスン電子の役割
      1-2-3 イ・ユンウ体制は過渡期的な執行部
      1-2-4 2009年更なる組織再編へ

  1-3 事業部門別の実績分析

      1-3-1 デジタルメディア部門
      1-3-2 情報通信部門
      1-3-3 半導体部門
      1-3-4 LCD部門

  1-4 金融危機における事業別ビジネス戦略の展開

      1-4-1 デジタルメディア部門
      1-4-2 情報通信部門
      1-4-3 半導体部門
      1-4-4 LCD部門

  1-5 マーケティング、ブランド戦略

      1-5-1 広告・マーケティング関連費用とブランド戦略
      1-5-2 Anycallのブランド価値は5兆7,000億ウォン
      1-5-3 国際スポーツ大会における大型スポンサー

  1-6 R&D活動分析

      1-6-1 上昇が続くR&D費用
      1-6-2 R&D関連組織

2 LG電子の競争力分析

  2-1 財務分析

      2-1-1 「ナム・ヨン式改革」により過去最高業績を記録
      2-1-2 ディスプレイ事業部門の業績改善
      2-1-3 上昇する自己資本利益率
      2-1-4 財務改善に欠かせない「ナム・ヨン式改革」

  2-2 組織分析

      2-2-1 グローバルマーケティング強化に向けた組織再編
      2-2-2 マーケティング強化のための外国人取締役の選任
      2-2-3 人材育成プログラムの実施
      2-2-4 2009年に向け、更なる組織再編の断行

  2-3 事業部門別の実績分析

      2-3-1 事業部門別の商品構成
      2-3-2 事業部門別のパフォーマンス及び評価

  2-4 金融危機におけるビジネス戦略分析

      2-4-1 市場現況と組織間のシナジー強化
      2-4-2 更なる組織再編

  2-5 ブランドマーケティング戦略

      2-5-1 「LG」というグローバルブランドマーケティングの強化
      2-5-2 拠点となる国を選別したスポーツマーケティング活動

  2-6 デザインの研究開発

3 日本企業とサムスン電子・LG電子の競争力比較

  3-1 良好な経営実績
  3-2 サムスン電子の独走を牽制する動き
  3-3 売上に占めるR&D費用の割合

4 インプリケーション

  4-1 「サムスン共和国」という韓国社会の構造的な問題
  4-2 終わりのない組織再編
  4-3 「ものづくり」と「マーケティング先行」のバランス

【図表目次】

図目次

[図 1-1]サムスン電子の年間売上高と営業利益率の推移(2000~2007年)
[図 1-2]サムスン電子の四半期別売上高と営業利益率の推移(2006年4Q~2008年3Q)
[図 1-3]サムスン電子の部門別売上構成比(2007年)
[図 1-4]サムスン電子の部門別営業利益率の推移(2007年1Q~2008年3Q)
[図 1-5]サムスン電子の自己資本利益率の推移(2001~2007年)
[図 1-6]サムスン電子の組織図(2008年)
[図 1-7]「ニューサムスン」プランの中心組織図
[図 1-8]サムスン電子の新組織図(2009年)
[図 1-9]サムスン電子の事業構成及び主要製品(2008年)
[図 1-10]デジタルメディア部門の四半期別売上高と営業利益率の推移(2007年1Q~2008年3Q)
[図 1-11]情報通信部門の四半期別売上高と営業利益率の推移(2007年1Q~2008年3Q)
[図 1-12]半導体部門の四半期別売上高と営業利益率の推移(2007年1Q~2008年3Q)
[図 1-13]LCD部門の四半期別売上高と営業利益率の推移(2007年1Q~2008年3Q)
[図 1-14]サムスン電子のFull HD LCD TV 「パブボルドー650」
[図 1-15]ソフトバンクから「930SC OMNIA」で発売されるサムスン電子の「T-OMNIA」
[図 1-16]サムスン電子のLCDモニター
[図 1-17]サムスン電子の広告・マーケティング関連費用の支出(2004~2007年)
[図 1-18]Anycallの広告ポスターの歴史
[図 1-19]パラリンピックでのサムスン電子公式スポンサー広告
[図 1-20]サムスン電子のR&D費用(2005~2007年)
[図 1-21]サムスン電子の研究開発組織図(2008年)
[図 2-1]LG電子の年間売上高と営業利益率の推移(2000~2007年)
[図 2-2]LG電子の事業部門別の売上構成比(2007年)
[図 2-3]LG電子の部門別営業利益率の推移(2007年1Q~2008年3Q)
[図 2-4]LG電子の自己資本利益率の推移(2002~2007年)
[図 2-5]LG電子の組織図(2008年)
[図 2-6]LG電子の事業構成及び主要製品(2008年)
[図 2-7]デジタルアプライアンス部門の売上高と営業利益率の推移(2007年3Q~2008年3Q)
[図 2-8]デジタルディスプレイ部門の売上高と営業利益率の推移(2007年3Q~2008年3Q)
[図 2-9]デジタルメディア部門の売上高と営業利益率の推移(2007年3Q~2008年3Q)
[図 2-10]モバイルコミュニケーションズ部門の売上高と営業利益率の推移(2007年3Q~2008年3Q)
[図 2-11]LG電子のPRADAフォン
[図 2-12]LGが展開している現地密着のスポーツマーケティング活動
[図 2-13]LG電子のR&D費用と売上に対する割合の推移(2003~2007年)
[図 3-1]日韓の主要総合電機メーカーの前年比売上成長率、営業利益成長率の比較(2007年)
[図 3-2]日韓の主要総合電機メーカーの財務指標比較(2006年版~2008年版)
[図 3-3]日本の主要総合電機メーカーのR&D費用の推移(2003~2007年)
[図 3-4]日韓の主要総合電機メーカーの売上に占めるR&D費用の比較(2007年)

表目次

[表 1-1]サムスン電子のBusiness Unitトップの略歴


【調査レポート】
2008年版 サムスン電子とLG電子の競争力分析
財務・組織分析、マーケティング戦略を中心に
リンク

【ロアグループ社について】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

日韓の主要総合電機メーカの前年比売上高・営業利益の成長率比較 (2007年)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事