logo

イー・モバイル、ウィルコム向けゲームサイト「Living Games」にて 海外で大絶賛のシミュレーションゲーム 『タウンズメン~草原のデスペラード~』を2月3日より配信開始

株式会社ワーカービー(東京都千代田区、代表取締役:加藤祐司)は、イー・モバイル、ウィルコムで提供中の「Living Games」(リビングゲームズ)にて、2009年2月3日より『タウンズメン~草原のデスペラード~』の配信を開始しました。

英国の携帯ゲームポータルサイト「ポケットゲーマー(リンク)」で2008年第1四半期ベスト1の評価を得るなど、数々の海外ゲームレビューサイトで高い評価を受けている超人気作です。

【主な特長と仕様】
■タウンズメンの概要
  中世ファンタジー系の独自な世界を舞台にした、開拓、侵攻、戦闘の三つの要素があるシミュレーションです。プレイヤーは傭兵団の団長となり、農場や鉱山を開拓して資材を獲得。建築物を建てて維持。ときには兵隊を練成して、集落を襲撃し人員と資金を徴収することも。さらにはプレイヤーを「悪」とする「正義の魔術師」と対決し、彼の使役する「ドラゴン」を倒す。そうして最後に自らの王国を作り上げるのが目的のゲームです。

■主な特長
「タウンズメン」にはミッションモードとフリーモードの二つのモードがあります。

ミッションモードではストーリに沿って、農場を建設するところから始まります。有能なメイドのサポートによりゲームのルールや仕組みを理解し、強敵を撃破し、最終目標である王国の建立するまでを段階を追って楽しめるようになっています。

フリーモードではシナリオや指令はなく、自分の好きなように王国作りに励むことが出来ます。全部で六つのマップがあり、一切の障害が発生しない初心者向けマップから、ハリケーンや大地震などの天災が発生するマップ、ミッションモード同様、魔術師とドラゴンが攻めてくるマップなど、バラエティ豊かな展開を楽しむことが出来ます。

■著作権表示
(c)2007, www.handy-games.com GmbH.
Distributed by Living Mobile GmbH, Munich.
(c) Worker Bee Inc.

■主な仕様
◆イー・モバイル
○対応機種
H11T
○料金
420円(税込)/ダウンロード
※1 別途データ通信料がかかります。
※2 EMnetのご使用には月額使用料がかかります。
○アクセス方法
EMnetサービス > ゲーム > Living Games

◆ウィルコム
○対応機種
WX330K
○料金
420円(税込)/ダウンロード
○アクセス方法
ウィルコム公式サイト > ゲーム・アプリ > Living Games

※「EMnet」の名称はイー・モバイル株式会社の商標または商標登録です。
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワーカービー 担当:加藤
Tel/Fax: 03-3237-0233 e-mail: info@livinggames.jp
〒102-0074 東京都千代田区九段南 4-6-10 近清堂ビル 5F
リンク
――――――――――――――――――――

このプレスリリースの付帯情報

タウンズメン

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■株式会社ワーカービー概要 リンク
株式会社ワーカービーは、モバイル端末の開発を行っていたチームが中心となり、2003年11月に設立しました。ゲームなどのコンテンツ開発にとどまらず、海外コンテンツの国内配信移植および配信サポートなど積極的に展開しています。

■Living Mobile社概要  リンク
Living Mobileはドイツ、ミュンヘンを本拠地とする主要モバイルゲーム・ディベロッパー、パブリッシャーです。Living Mobileは2001年にモバイルゲーム市場に参入し、今では多くの種類のブランドを有する高品質のモバイルゲームを提供しています。Living Mobileはほとんどの欧州キャリアと直接契約を結んでおり、急速にそのモバイルビジネスを拡大しています。
また、2005年11月7日にウォルト・ディズニー・インターネットグループ (WDIG)の子会社となり、WDIG Europeモバイル事業の成長計画を支えています。

■Handy Games社概要  リンク
Handy Gamesはドイツ、ギーベルシュタトとルーマニア、ブカレストにオフィスを持ち、
携帯ゲームやWAP技術開発を行っています。2000年の創立以降、携帯ゲーム機と携帯電話用ゲームについて8年以上の開発実績をもち、この分野のマーケティングリーダーとして発展を続けています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事