logo

力強い市場成長が予測されるワイヤレスセンサーネットワーク向け低電力WiFi

株式会社グローバル インフォメーション 2009年02月02日 12時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社West Technology Research Solutions発行の最新英文調査報告書「Wireless Sensor Network Technology Trends Q4 2008」の販売を開始いたしました。
米国の市場調査会社WTRSは、調査報告書「Wireless Sensor Network Technology Trends」において、低電力WiFiチップセット市場は2008年から2013年の期間中、CAGR322%に達すると予測しています。ワイヤレスセンサーネットワーキングのアプリケーションで使用されるためにデザインされた低電力WiFiコンポーネントは、今や「スマートグリッド」ユーティリティを含むバッテリー式アプリケーションの設計者にとって「実行可能な選択肢」となっています。WTRSの主席アナリストKirsten West氏によると「長い間、WiFiは低電力センサーネットワークの運用には利用出来ないだろうという大きな誤解がありました。このことは、IEEE 802.15.4標準規格やIEEE 802.15.4に基づいたソフトウェアの改良とった代替の開発プロジェクトを生み出しました。近頃では、いくつかの企業がZigBee や IEEE 802.15.4のコンポーネンツと同程度の消費電力を示す低電力WiFi製品を開発しています。」と述べています。低電力WiFiの利点:・ 既存WiFiネットワークとインフラの統合のしやすさ
・ 内蔵型インターネットプロトコルの接続性
・ 良く知られた開発であり、トレーニングコストを低減する管理ツール

低電力WiFiのアプリケーション:
・ 医療
・ 工業
・ ビルオートメーション
・ 「スマートグリッド」ユーティリティ
・ 住宅
・ 交通機関
・ 家電のリモコン製品

【 英文市場調査報告書 】Wireless Sensor Network Technology Trends Q4 2008無線センサーネットワーク技術の最新動向:2008年第4四半期リンク Technology Research Solutions出版日2009/01
【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業2課E-mail:sl2@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。