logo

お菓子の種類を写メで認識する「菓写メ」を本日リリース! 仕事や勉強の息抜きにぴったりのモバイル向けサービス

株式会社スパイスボックス(本社:東京渋谷区、代表取締役社長:田村栄治、以下スパイスボックス)と株式会社クレメンテック(本社:東京都千代田区/代表取締役:武内 寛、以下クレメンテック)は、お菓子のパッケージを撮影して写メールで送るとその画像からお菓子の種類を自動的に認識する「菓写メ(かしゃめ)」をリリースしました。また、読み取ったお菓子の種類によって内容が変わる『お菓子にまつわるおもしろコバナシ』を読むことができます。
さらに、よりおもしろいコバナシを利用者から投稿してもらう窓口や、おもしろいコバナシへの投票機能、人気順のランキング表示機能なども提供します。

▼「菓写メ」の遊び方

まず「菓写メ」サイトにアクセスし、どんなお菓子が認識可能かを「菓写メ」サイトに掲載されているヒントを頼りに考えてもらいます。これだ!と思った、お菓子のパッケージやロゴを撮影して送ると、正解ならそのお菓子に応じたおもしろコバナシが送られてきます。ちょっとした仕事や勉強の空き時間にヒントの答えを仲間や友達同士で探してもらったり、正解のお菓子を店頭で探してもらったりすることで、遊びながら携帯電話を使った画像認識に親しんでもらえるサービスとなっています。

▼クレメンテックの優れた画像認識技術で、人気のお菓子を見分けます!

「菓写メ」では株式会社クレメンテックの M4サービス(Mobile MultiMedia Marketing) を利用し、お菓子の種類を見分けます。ユーザーが携帯電話でお菓子の写真を撮影し、M4 サービスにメールで送信すると、M4サービスがあらかじめ登録された製品のパッケージ写真・画像を即座に検索し、マッチした結果に応じた携帯メールを送信します。

M4システムを利用することにより、製品パッケージ写真を入り口として、携帯メールにてテキストを配信したり画像に応じたスペシャルサイトに誘導する等のことができます。対応キャリアは NTT DoCoMo、AU EZ-web、Softbank の3キャリアで、いずれも区別無くご利用いただけます。

▼今後の展開
スパイスボックスとクレメンテックでは、「菓写メ」でも使われているモバイル向け物体認識であるクロスメディアテクノロジー「M4 サービス」の活用パートナーを広く募集しております。

・商品パッケージ画像を使った商品紹介や通販サイトへの誘導
・雑誌などの紙媒体とモバイルサイトを結ぶクロスメディアコミュニケーション
・ポスターや看板、店頭POPやデジタルサイネージなど屋外メディアとの連動
クレメンテックの画像認識の技術力、スパイスボックスの広告・企画・制作力とでさまざまなキャンペーン企画等を承ります。

また、「菓写メ」の季節にあわせたサービス展開として、バレンタインデーに人気のチョコレートや、受験シーズンにちなんだ縁起担ぎのお菓子に関しても認識できるよう、今後認識できるお菓子の種類やコンテンツを入れ替えていくことを予定しています。

※画面イメージは添付資料をご参照ください。

【会社概要】

■株式会社スパイスボックス
代表者:代表取締役社長 田村 栄治
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー16F
社員数:57名(2008年12月現在)
事業内容:インタラクティブ・エージェンシー

URL:リンク

■会社名 株式会社クレメンテック
代表者:代表取締役 武内 寛
本社所在地:東京都千代田区九段北1-14-12 九段北渡辺ビル
事業目的:様々な通信デバイスを活用した新しいクロスメディアサービスの提供、およびネットワーク技術を活用した新しいビジネスモデルの創出

URL:リンク


【本リリースに関するお問い合わせ】

スパイスボックスラボラトリ リンク
担当:神部
TEL: 03-5449-7488
MAIL:lab@spicebox.co.jp

株式会社クレメンテック リンク
担当:藤川
TEL:03-3262-8322
MAIL:fujikawa@clementec.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。