logo

フォートラベル「年末年始の旅行動向調査」

~休暇日数の平均は8.1日。過ごし方は“自宅でのんびり“が40.1%でトップ。帰省、海外旅行と続く~

フォートラベル株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 野田臣吾、以下:フォートラベル)は、運営する旅行総合情報サイト「旅行のクチコミサイト フォートラベル」にて、会員を対象に「2008-2009年 年末年始旅行動向調査」を実施いたしました。本調査は、昨年夏の実施に引き続き2回目となります。
今回は速報として調査結果のトピックスをご報告いたします。調査結果の詳細に関しましては、2月上旬に発表を予定しております。案内を希望される方は、本リリース最終ページにて案内している方法にて、お申し込みください。

■2008-2009年 年末年始旅行動向調査 速報 TOPICS

【TOPIC1】
休暇日数の平均は8.1日。休暇中の過ごし方は「自宅でのんびり過ごした」が40.1%でトップ。2位は「帰省」が16.4%。「海外旅行」もしくは「宿泊を伴う国内旅行」に出かけた人は29.9%で、昨夏と比較すると旅行を控えた人が多くみられた。

【TOPIC2】
一人当たりの旅行費用の平均は、海外旅行21.4万円、国内旅行6.7万円、帰省2.3万円。昨夏と比較すると、海外は大きく変わらないが、国内旅行は0.9万円高く、帰省は1.1万円安い。

【TOPIC 3】
年末年始にフォートラベル会員に人気だった旅行先は、「ソウル」「台北」「香港」とアジア圏に集中。「ショッピング」や「グルメ」を目的とした旅行者からの旅行記の投稿が多く見られた。


■調査概要・回答者プロフィール
≪調査概要≫
調査対象:過去に実施したアンケートに協力いただいたフォートラベル会員
調査方法:フォートラベル アンケート専用フォーム
調査期間:2009年1月7日~2009年1月14日
調査回答:サンプル数 688人
調査実施:フォートラベル株式会社
監   修:旅行ジャーナリスト 村田 和子(※弊社アドバイザー)



詳しいプレスリリース内容につきましては、以下URLよりご確認くださいませ。


リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。