logo

金融や政府などのサービスプロバイダ以外が購入する光製品

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社は、光ネットワーク機器ベンダのビジネスチャンスは、光ネットワークハードウェアのサービスプロバイダ以外の垂直市場で拡大していると報告している。

カリフォルニア州キャンベル、2009年1月13日
米国調査会社インフォネティクスリサーチ社の調査レポート「光ネットワークハードウェア:垂直市場別」は、世界の12社のサービスプロバイダとサービスプロバイダ以外の垂直市場を追跡調査し、サービスプロバイダ以外の垂直市場では投資金額の1/7を光機器に投資していて、光ネットワーク機器ベンダのビジネスチャンスは拡大していることがわかった。

「特に金融や政府などの、サービスプロバイダ以外の垂直市場は、全体的にロングホールやメトロの光機器を多く購入している。それは、高容量、ストレージ拡大、業務上必要なデータセンターとの接続、安全な伝送などを目的としてである。政府、教育、金融、ユーティリティなどの市場分野には多くのアプリケーションがあり、今後数年間成長し続けるだろう」とインフォネティクスリサーチ社の主席アナリストMichael Howard氏は語る。

(後略)

◆調査レポート
光ネットワークハードウェア:垂直市場別
リンク

◆米国インフォネティクスリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事