logo

iウィジェットに対応した「jigブラウザ9i」をリリース

~ 約300のjigletがiウィジェットとして利用可能に ~

携帯電話に関するアプリケーションの企画・開発・販売を行う株式会社jig.jp(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:福野 泰介、以下jig.jp)は、「jigブラウザ」の最新バージョン「jigブラウザ9i」を1月27日(火)より提供開始いたします。

「jigブラウザ9i」では、NTTドコモの2008年秋冬モデルからiアプリ用として搭載されたStarプロファイルへ対応することで、iウィジェットをはじめ数々の最新機能を、フルブラウザと連携させて利用することができます。

【 iウィジェットに対応 】
「jigブラウザ9i」では、jigletをiウィジェットアプリとして設定することができるので、ユーザは好きなjigletをiウィジェットボタンから簡単に利用することができます。(※一部jigletは除く)
◆iウィジェットおすすめjiglet
 ・RSSリーダー:最新ニュースをiウィジェット上でチェックできます。
 ・jigマルチリモコン:iウィジェットから家電の操作が簡単に行えます。
 ・jigメーラー:iウィジェット上でPCメールの送受信が可能です。

【 4つのソフトキーが利用可能 】
「jigブラウザ9i」では、下の2つも含めた全てのソフトキーが利用可能になり、操作性が大幅に向上いたします(従来は上2つのみ対応)。下2つのソフトキーで操作できる機能は、ユーザが自由に設定することができます。

【 光TOUCH CRUSERに対応 】
SH-01AとSH-03Aに搭載されている光TOUCH CRUSERを使い、「jigブラウザ9i」を操作することができます。

【 タッチパネルに対応 】
N-01A、931SH(ソフトバンク)に続き、SH-03Aでもタッチパネルを使った「jigブラウザ」の操作が可能になります。今後もタッチパネル搭載機種への対応を進めることで、より直感的なPCサイトブラウジングを実現いたします。

【 データ保存容量の拡大 】
jigletと履歴のデータ保存容量が、従来よりも約3~5倍に拡大しています。

【 概 要 】
■アプリ名:「jigブラウザ9i」(ジグブラウザ ナインアイ)

■提供開始日:2009年1月27日(火)

■対応機種:docomo F-01A, F-03A, N-01A, N-02A, N-04A, P-01A, P-02A, SH-01A, SH-03A

■利用方法
以下のサイトに携帯電話でアクセスし、アプリをダウンロードして下さい。
リンク
※「jigブラウザ」を既にダウンロードされている場合も「jigブラウザ9i」の利用にはダウンロードが必要です。別途利用料金はかかりません。

■利用料金:月額利用料金630円(税込)/年間利用料金6,000円(税込)

このプレスリリースの付帯情報

jigマルチリモコン

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

◆iウィジェットとは
NTTドコモが2008年秋冬モデルから導入した、携帯電話の待受画面上で小さなアプリケーション(iウィジェットアプリ)を利用できるサービスです。iウィジェットボタンを押すことで、最大8個のiウィジェットアプリの最新情報を表示することができます。

◆光TOUCH CRUSERとは
決定キーに仕込まれた光センサーに指で触れることで、細かい動作でもカーソルを操作することができる機能です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事