logo

調査結果「半数以上が英語はゲームで覚えたい」

英語の勉強方法は「ゲーム」を希望する人が半数で最も多かったが、「英会
話教室」も4割と高い支持。「eラーニング(インターネット)」も2割半で3
位となり、「本」「DVD」「CD」といった1人で学べる教材を上回った。あっ
たら欲しい教材を聞くと、「ネイティブに教わる」6割弱、「もともと英語が
苦手だったが克服した人から学ぶ」3割がトップ2。20代では「アニメ・萌え
系もの」が3割弱となったことが目を引いた。

半数以上が英語はゲームで覚えたい
      ~20代の3割が萌え系英語教材を希望
  発表URL:リンク

<調査概要>
ゲーム機で利用する英語学習ソフトが数多く販売され、書店には英語の教材
がずらりと並ぶ。英会話教室も多数存在する中、ネットユーザーにはどんな
タイプの英語学習方法が人気なのだろうか。20代から40代を中心とする男女
413名の回答を集計した。

英語の勉強をするとしたらどんな方法がいいかを複数回答形式で聞いたとこ
ろ、トップは「ゲーム」で49.6%。およそ2人に1人はゲームで英語を勉強し
たいと回答する人気ぶりだが、2位の「英会話教室」も41.9%と高い支持を得
ていた。インターネットを利用した「eラーニング」は24.2%で3位で、4位の
「本(23.2%)」、5位の「DVD(19.1%)」、6位の「CD(18.4%)」といっ
た1人で学べるものを上回った。

男女別に見ると、「ゲーム」は女性が57.4%、男性が42.6%で、女性の方が15
ポイントも高め。一方、「eラーニング」は男性が27.3%、女性が20.8%で、
男性の方がやや高かった。年代別では、「ゲーム」は20代と30代では50%を
超えたが、40代では47.3%と半数以下だった。「eラーニング」は20代では16.7
%だが、30代以上は4人に1人と、年代が上がるほど関心度が高かった。

あったら欲しいと思う教材について複数回答形式で聞くと、トップは「ネイ
ティブに教わる」で、57.4%。次いで、「もともと英語が苦手だったが克服
した人から学ぶ(30.0%)」、「カリスマ講師もの(15.5%)」、「子供と
一緒に学ぶ(13.8%)」といった順となった。「アニメ・萌え系もの」は全
体では13.8%だが、20代では27.1%で3位に入り、萌え系教材を希望する声は
少なくなかった。

男女別に見ると、順位に差はないが、女性で「もともと英語が苦手だったが
克服した人から学ぶ」が男性より9ポイント近く高かった点、男性で「その他
芸能人・有名人もの」が10ポイント、「アイドルもの」が8ポイント女性より
高かった点が特徴的。女性は実際に英語をマスターした人から学びたいと思
う人が多く、男性は芸能人やアイドル系の商品に興味を引かれているようだ。

世代別では、「ネイティブに教わる」が20代は47.9%だが、30代は56.5%、40
代は59.7%と年代が上がるほど数値が高くなる一方、「もともと英語が苦手
だったが克服した人から学ぶ」は20代では43.8%、30代が31.0%、40代が25.6
%と若い世代への人気が高かった点が目立った。

また、20代では「アイドルもの」や「キャラクターもの」の希望も30代以上
より高く、「アニメ・萌え系もの」への人気も合わせて考えると、楽しく英
語を学びたいという気持ちがより強いことが想像できる。


<調査データ>
・英語の勉強をするとしたら、どんな方法がいいですか?
・あったら欲しいと思う教材はどんなものですか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:413名
調査日:2008年12月12月25日~29日
男女比:男性:52.3% 女性:47.7%
年代比:20代:11.6% 30代:48.4% 40代:31.2% その他:8.7%

 ────────────────────────────────
 「英語に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい。画像などはご自由にご利用下さい。
  リンク
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/もんの亜由美
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-299-4356
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: リンク
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: リンク

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事