logo

「第四回 電気通信コンテンツ協力シンポジウム」開催に関するお知らせ

 モバイルソリューションカンパニーの日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:植田勝典)の100%子会社、因特瑞思(北京)信息科技有限公司(本社:中国北京市、董事長(代表者):植田勝典)は、北京市通信管理局および北京市通信行業協会主催の「第四回 電気通信コンテンツ協力シンポジウム」を後援し、事務局(海外企業担当)を務めることとなりましたので、お知らせいたします。

 同シンポジウムは、中国携帯電話事業者(キャリア)の3Gライセンス発行後、初の開催となり、今後急速な成長を遂げる中国のコンテンツサービス市場を見据えた上で、非常に重要なシンポジウムとなります。
 また、キャリアの講演による最新動向や情報の収集はもちろん、業界の関係者が一堂に会する中でディスカッションや相互の紹介ができる内容で構成されており、中国3Gコンテンツビジネスへの参入の礎になると期待されております。

 当社グループは、今回のシンポジウムを通して、3G時代の幕開けとなった中国で、キャリアとより密接な関係を築くと共に、日中の友好的な発展とコンテンツビジネスの架け橋に努めてまいります。

<シンポジウムの概要>

1.日時平成21年2月20日(金) 9:00~16:40 (受付8:30開始)

2.場所北京中苑ホテル
住所:中国北京海淀区高梁橋斜街18 号
電話:+86-10-51568888

3.一般参加費
(1)日本からご出席いただく企業様
1,300 元/人(昼食、会議資料、翻訳、接待費等含む)
※別途、渡航費・宿泊代・保険代等は、ご出席企業様にてご負担ください。
※当日、通訳が必要な企業様はお申し込みの際、その旨、ご指定ください。
※通訳料につきましては、別途、事務局からご連絡申し上げます。
※その他、講演・出展のご希望がある場合は、別途、事務局までお問い合わせください。
(2)中国現地法人からご出席いただく企業様
1,000 元/人(昼食、会議資料等含む)

4.申込方法お申し込みフォーマット(リンク)に必要事項を入力の上、
info@enterise.cn までメールでご送付ください。

5.内容
    1.新市場におけるコンテンツ産業の発展性
    2.コンテンツ産業発展のモデルと戦略
    3.3G コンテンツによる新たなサービス提供
    4.通信利用技術における今後のコンテンツ動向
    5.コンテンツ業界の再編と投融資

6.主催者北京市通信管理局・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コンテンツプロバイダの許可証を発行する行政機関
北京市通信行業協会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・北京市通信管理局の外郭団体

7.協力企業中国移動通信集団北京有限公司(China Mobile)・・・・4億人を超える契約者数を有する世界1位のキャリア
中国連合通信有限公司北京公司(China Unicom)・・・世界3位のキャリア
中国電信北京公司(China Telecom)・・・・・・・・・・・・・・中国3位のキャリア/中国最大の固定通信事業者
北京新浪互連網信息服務有限公司(Sina)・・・・・・・中国最大のポータルサイト運営会社
北京捜狐互連網信息服務有限公司(Sohu)・・・・・・・中国2位のポータルサイト運営会社

8.事務局北京創科動力科技有限公司
因特瑞思(北京)信息科技有限公司(海外企業担当)

9.お問合せ先因特瑞思(北京)信息科技有限公司
Email : info@enterise.cn
電話 : 010-8798114-6013
担当 : 海外部(顧、中西)

※詳細情報は、以下をご参照ください。
【シンポジウム案内サイト(中国語)】  リンク
【シンポジウム案内サイト(日本語)】  リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。