logo

CSR、高音質のステレオヘッドフォンとBluetoothスピーカ向け ソフトウェア開発キットをリリース

CSR は本日、ハイエンドのBluetoothステレオヘッドフォンとスピーカ向けソフトウェアの開発キット、「TrueWireless Stereo」をリリースすると発表しました。TrueWireless Stereoは、すでに広く使用されているCSR社のBlueCore5-Multimediaプラットフォームを基盤とし、メーカはこのキットを利用することで、ステレオのヘッドフォンとスピーカ向けの高音質の最先端Bluetooth製品を迅速に市場に投入することが可能になります。

この開発キットは、一方がマスターとして、もう一方がスレーブとしての役割を持つ2つのBluetoothデバイスを使用しています。マスターデバイスは通話の処理と制御をサポートし、更に、音楽のストリーミングをスレーブデバイスに送ります。これにより、すでに市場に投入されているA2DPデバイスとの互換性を確保しています。オーディオデータは、オーディオソースからマスターデバイスに送られ、CSR社が独自に開発した同期化プロトコルを使用してスレーブデバイスに送られます。このため、ヘッドフォンに対しても、スピーカに対しても、真のワイヤレスステレオオーディオを実現します。

CSR社、オーディオ&コネクティビティ ビジネス ユニット担当上席副社長、Anthony Murrayのコメント:
「TrueWireless Stereoソフトウェア開発キット(SDK)は、CSR社が誇る数多くの主要顧客からすでに注目を集めており、メーカはこのキットを使用することで、急速に成長するBluetoothステレオヘッドフォンとスピーカ市場に投入する独自製品の開発に専心することができます。CSR社のTrueWireless Stereoソフトウェア開発キットは、Clear Voice Capture(CVC)などのCSR独自の音質向上技術も搭載しています。これにより、マイクロフォンを通した音声品質の向上が可能になり、イヤピースからはノイズがカットされたよりクリアな音声を生成します。TrueWireless Stereoは、Bluetoothバージョン2.1とEDR、およびサブバンドコーディングまたはMP3音声ファイル形式もサポートしています」

TrueWireless Stereo SDKは、現在BlueCore5-Multimediaプラットフォームを基盤としています。


<本件に関する問い合せ先>
      
シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

ジェイスピンInc.
CSR広報担当 清水
Tel: 03-5269-1038
E-mail: csr@jspin.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

true wireless stereo

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.csr.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事