logo

トルコのブロードバンドは力強く成長して主流となりつつある

インドの調査会社RNCOS社は、トルコの通信市場市場概況や通信キャリアに関する情報を提供し、主要通信セグメントごとにの2009-2012年の普及率予測を掲載した調査レポート「トルコの通信市場調査 - Turkey Telecom Sector Forecast to 2012」を出版し、プレスリリースを発表しました。

【プレスリリース】
インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「トルコの通信市場調査 - Turkey Telecom Sector Forecast to 2012」は、好景気のトルコの通信市場を調査している。トルコのブロードバンド加入者数は、2005-2007年にCAGR65%で成長している。これは同時期のインターネット加入者数の増加を上回る高率である。2005年は71%であったインターネット加入者のうちのブロードバンド加入者は、2007年末には約93%だった。

加入者がダイアルアップインターネット接続から、ADSL(非同期デジタル加入者線)などのブロードバンドへの移行につながった要因は、比較的低コストで消費者のニーズを満たす有効な技術と、Turk Telecom (TT)のインフラへの投資拡大である。

現在、ADSLサービスの市場は、TTの全額出資子会社TTnetが独占している。2007年末のトルコの一般ユーザ向けのアクセス回線数では、ADSLアクセス市場の約95%を占めていた。

トルコの急速な経済成長と、3GとWiMAXなどのモバイルブロードバンドサービスがないために、ブロードバンドセクターは、今後、消費者とビジネス向けの両面から力強い需要が起こってくると予測されている。また、サービス分野ではコンピュータの普及が進み、価格の下落によって、ブロードバンドの普及がますます進むだろう。しかし、健全な成長と消費者の利益を確実にするためには、公正な競争を確立することが必要であると、この調査レポートは報告している。

このため、2012年にはブロードバンド加入者の普及率は19%以上となると予測している。

【調査レポート】
トルコの通信市場調査
Turkey Telecom Sector Forecast to 2012
リンク

[RNCOSについて]
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事