logo

位置情報の代替技術

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが1月に刊行されました。

位置検索、ソーシャルネットワーキング、ジオタグなどの将来有望な次世代のLBSアプリケーションサービスが登場し、屋内ロケーションや迅速な測位時間の必要性が高まっている。このため、GPS技術を完成させるか、もしくはWi-Fi、セルID、セルラー、テレビ放送、モーションセンサーなどを基盤にした、新しい位置情報技術に置き替える必要がある。GPS、Wi-Fi、セルIDハイブリッドソリューションは、自動・自己学習機能付き参照データベース生成・メンテナンス方法という利点があり、モバイルへの浸透度が高く、補完的機能があり、低コストで、最も人気を集めるだろう。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「位置情報の代替技術」は、位置情報の代替技術を包括的に記載している。この市場の主な動向を述べ、エコシステムおよびバリューチェーンを詳細に考察し、主要企業、ビジネスモデル、市場促進要因と課題を詳しく記載し、地域、タイプ、LBSアプリケーションとデバイスフォームファクター別に予測を行っている。

◆調査レポート
位置情報の代替技術:Wi-Fi、Cell-of-Origin、セルラー、モーションセンサー、TV放送
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事