logo

GPS対応端末

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが1月に刊行予定です。

GPS向け半導体の経済性と、主要な端末サプライヤやモバイルサービスプロバイダによるイニシアチブによって、位置情報サービスは収益性が高い成長分野になりつつある。先見性のある携帯電話メーカーやネットワークオペレータは、現在、市場が頂点に達していることを認識しており、モバイル共有ウェブサイトのブランドの確立や、位置情報サービス向けアプリケーション企業との連携を確立しようとしている。GPS対応端末の加入者数は安定して増加しており、ユーザーに端末ナビゲーションとソーシャルネットワークアプリケーションが浸透しているため、エコシスムに関わる企業に加入者の期待に添う機能が充実したGPS端末とLBSアプリケーションを提供するというプレッシャーがかかっている。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「GPS対応端末」は、GPS対応携帯電話の普及率を促進する技術、経済性、市場要因を調査している。また、ビジネスチャンス、無線ネットワーク加入者への正確な測位データのプロビジョニングとサービスの提供を分析している。

◆調査レポート
GPS対応端末: モバイル端末の位置情報サービスのGPS、A-GPS、ハイブリッド測位技術を促進する市場、技術、ビジネス要因
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事