logo

モルフォの「ImageSurf」「ImageScouter」   「FaceSolid 2.0」「FrameSolid」 NTTドコモの「「docomo PRIME series(TM) SH-03A」(シャープ製)に搭載  

-JPEG画像高速表示技術「ImageSurf」 -被写体認識技術「ImageScouter」 -顔検出、笑顔度検出技術「FaceSolid 2.0」 -フレーム補間技術「FrameSolid」

【概要】
株式会社モルフォ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:平賀督基 
以下、モルフォ)が開発した:
(1)JPEG画像高速表示技術「ImageSurf」、
(2)被写体認識技術「ImageScouter」、
(3)複数の顔の検出に加え、笑顔度を検出する技術「FaceSolid 2.0」、
(4)フレーム補間技術「FrameSolid」、
がNTTドコモの「docomo PRIME series(TM) SH-03A」(シャープ製)
に搭載されました。

【製品内容】
「ImageSurf」
ユーザーが携帯電話に保存されている写真をすばやく検索、
閲覧することを実現した技術です。従来の技術では高解像度の写真、
画像を表示させる際、圧縮されている画像をすべて解凍してから
表示させていましたが、「ImageSurf」は圧縮されている
画像ファイルの表示に必要な部分のみを解凍するため、
画像を高速で表示させることができるほか、気になる部分を高速で
拡大表示させることも可能です。また、画像表示に必要な範囲のみを
処理するので、消費メモリ量を大幅に削減することに成功いたしました。

「ImageScouter」
カメラ撮影時のプレビュー表示画面に写っているものがバーコード
(QRコード、JANコード)や名刺であるかを高速に検出し、
カメラ撮影モードからバーコードリーダー、もしくは名刺リーダー
機能へダイレクトに切り替えることができる技術です。
これにより、従来のようにQRコード、名刺を読み取る機能を
呼び出してから撮影をする手間を省くことが可能となります。

「FaceSolid 2.0」
人物の顔を自動的に検出し、追尾する技術で、同時にオートフォーカス機能
と連動することにより、撮りたい被写体に確実にピントを合わせて
撮影することができます。また、顔が逆光で暗くなってしまっている場合は
自動的に補正し、美しい画像に仕上げます。さらに、目などの位置情報から
笑顔のレベルを数値的に計り、笑顔を判定する機能を加えました。
これにより、自然な笑顔の撮影が容易になります。

「FrameSolid」
ワンセグTV放送の毎秒15フレームの動画像から中間画像を生成して
最大毎秒30フレームにする技術です。画像内の動きを検出し、
動きに応じた中間画像を作り出すことで、ワンセグTV放送をよりなめらかで
自然な見え方にすることに成功いたしました。「FrameSolid」により、
臨場感の高いTV画像を楽しむことが可能になります。

*「FrameSolid」、「FaceSolid」、「ImageSurf」、「ImageScouter」は
 日本における株式会社モルフォの登録商標または商標です。
*「docomo PRIME series」は株式会社NTTドコモの商標です。

【お問合せ先】
株式会社モルフォ 
担当:河本
電話:03-5805-3975  
E-mail:m-press@morphoinc.com   

【株式会社モルフォ】
所 在 地:東京都文京区本郷7丁目3番1号 
     東京大学アントレプレナープラザ5階
代 表 者:代表取締役社長 平賀 督基(まさき)【博士(理学)】
設  立:2004年5月26日
資 本 金:473,105千円 (2008年10月末日現在)
事業内容:画像処理技術の研究開発
     および製品開発ならびにライセンシング
U R L:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事