logo

ソフトブレーン、「eセールスマネージャー」をイー・モバイルに導入

~企業、商談情報の一元管理、可視化による営業活動の効率化支援~

ホワイトカラーの業務効率改善サービスを提供するソフトブレーン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 秋山真咲、以下ソフトブレーン)は、イー・モバイル株式会社(東京都港区、代表取締役会長兼CEO 千本倖生、以下イー・モバイル)において、営業業務の効率化を支援するサービス「eセールスマネージャー」を導入し、稼動したことを発表いたします。

【導入背景】
イー・モバイルでは、2005年の設立時から営業体制を強化してきました。また、順調に売上を伸ばし、サービスの拡充、営業活動の拡大に伴い、人員も現在では、設立時の十数倍にまで増加しました。そのため、当初営業担当者個人が管理していた属人的な営業から組織的な営業に切り替えていく必要がありました。個々で管理していた情報(企業情報や活動履歴など)を営業全体で共有することにより、より有益な情報として蓄積し、分析、マネージメントにつなげる仕組みの構築が必要とされていました。
そのため、これらを可能とする「eセールスマネージャー」の導入が決定いたしました。取引先企業情報や商談情報を統一し、可視化することで営業活動の効率化を図ります。

【イー・モバイルにおいてeセールスマネージャーの主な活用方法】
複数の営業プロセスをつくり、各営業スタイルに合わせた利用を進めています。さまざまなプロセス管理を一つのシステム(eセールスマネージャー)で実現しています。
通信業界では、マーケットの変化が早く、それに合わせて営業スタイルもどんどん変わっていきます。そのため、「eセールスマネージャー」の複数の営業プロセス管理と設定変更が容易である点が高く評価されています。

【期待される効果】
イー・モバイル社内の導入担当者からは、「まずは、情報を一元管理することが目標です。当社はまだ設立から間もないので、より有益な情報を蓄積、分析する習慣をつけてさらに効率的な営業スタイルを確立していきたいと考えています。そのため、eセールスマネージャーをフル活用して、試行錯誤を繰り返しながら、最適な営業体制を作っていきたいと考えています。基本情報、商談情報を可視化し、進捗の把握や改善を行う仕組みづくりを進めています。
また、eセールスマネージャーで営業活動を可視化することにより、問題点を浮き彫りにし、実際の営業活動にフィードバックできる仕組みも構築し、さらに、具体的なマネージメントに役立つ情報を社内に提供していければと考えています。」とコメントされています。

以上

<参考資料>
【eセールスマネージャーについて】
個人プレーに依存し、結果だけを求める営業スタイルは結局良い結果が望めません。組織としての営業プロセスを設計し、プロセスを計測しながらマネージメントを行うこと「プロセスマネージメント」で結果をコントロールする営業スタイルが求められています。
「eセールスマネージャー」はそんな先進的な営業スタイルを構築するために、企業全体の効率改善に貢献するサービスパッケージです。設計コンセプトとして、文章入力に頼らない情報入力方式(選択方式)を採用し、携帯電話からも簡単に使用でき、入力コストを下げるだけでなく、情報の客観性と数字化も同時に実現します。また、マーケットも商品も組織も絶えず変化しているため、収集すべきデータと営業プロセスも絶えず変化します。簡単にデータベースや営業プロセスの設定と変更が行える「eセールスマネージャー」の高い柔軟性は、設定した項目、プロセスが途中から合わなくなるという心配を不要にします。
導入前後のコンサルティングサービスも充実しており、1500社を超える導入実績に基づくノウハウの提供や教育、最善プロセス定着までお客さまのニーズにあったサービスを提供します。

※記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

【ソフトブレーン株式会社について】
URL :リンク
事業内容:
非製造部門の業務支援ソリューションの提供
・改革支援ソリューション事業
・BPO事業

【イー・モバイル株式会社について】
URL:リンク
事業内容:
モバイルブロードバンドの提供
・データ通信サービス・
・電話サービス

関連情報
http://www.e-sales.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。