logo

「2008年版MFPマーケット総覧~市場縮小傾向を乗り越えるMFP(複合機)市場の展望~」を販売開始

~利益戦略が求められる複写機(複合機)、プリンタ、 FAXのメーカー別スピード別詳細分析~

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都渋谷区)は、株式会社データ・サプライ発行の調査レポート「2008年版MFPマーケット総覧~市場縮小傾向を乗り越えるMFP(複合機)市場の展望~」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成21年1月14日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「2008年版MFPマーケット総覧~市場縮小傾向を乗り越えるMFP(複合機)市場の展望~」を販売開始

~利益戦略が求められる複写機(複合機)、プリンタ、
                 FAXのメーカー別スピード別詳細分析~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都渋谷区)は、株式会社データ・サプライ発行の調査レポート「2008年版MFPマーケット総覧~市場縮小傾向を乗り越えるMFP(複合機)市場の展望~」の販売を開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 調査主旨 ■■

1)米国から端を発した金融不況が、不況に強いと言われてきた事務機器市場にも大きな影響を与えつつあります。2008年上期(1~6月)までは、市場の大きな減少は見られませんでしたが、8月、9月、10月となるに従って複写機(MFP)、プリンタ、FAXの各市場は、対前年比で極端なダウン傾向が表れ始めました。

2)複写機(MFP)市場は、モノクロがすでにピークを迎え、カラー機への転換を急速にすすめているなかで、コストのかかるカラー機購入の抑制、カラーコピー出力抑制などマイナス投資の現象が出始めています。また、プリンタの出荷台数全体を索引していたローエンドのモノクロプリンタの出荷にもブレーキがかかり始めています。ローエンドプリンタの市場は、数社の間で激しい価格ダウンの競争がくり広げられており「利益なき競争」の世界に入り始めており、もはや体力のあるメーカー(ベンダー)しか残らない状況となっています。

3)一方、高速のプロダクション市場は、これまで富士ゼロックス、コニカミノルタが市場をリードしていましたが、リコー、キヤノンの2大複写機メーカーの参入により、市場は活性化し始めてきました。さらにこの分野には高速インクジェットプリンタ(ラインヘッド)の参入も始まり、日本でも本格的なPOD(プリントオンデマンド)市場が立ち上がり始める雰囲気となってきました。

4)メーカー別では、不況になればなるほど「体力勝負」の面が出てきているため、今後さらにM&Aが進み、または撤退するメーカーが出てきても不思議はない状況です。

5)1992 年からスタートした「MFPマーケット総覧」は今回2008年版で15回目の発刊となります。調査内容は、これまでの内容(メーカー別、スピード別、出力サイズ別、地域別の出荷動向、生産動向、OEM状況)を詳細するだけでなく、今回は初めて「オフィス向け市場」と「プロ向け市場」に分けて市場動向を分析しました。今後、メーカー各社が今回の不況をどう乗り切ろうとしているかを総合的に探るものでございます。


■■ 調査対象先 ■■


1)主要メーカー(ベンダー)
 
1.複写機メーカー・ベンダー
 キヤノン
 リコー
 富士ゼロックス(ゼロックスコーポレーション)
 シャープ
 東芝テック
 京セラミタ
 コニカミノルタビジネステクノロジーズ
 他

2.プリンタ(レーザー/LED)メーカー・ベンダー
 キヤノン
 富士ゼロックス
 コニカミノルタビジネステクノロジーズ
 沖データ
 ブラザー工業
 シャープ
 京セラミタ
 リコー
 カシオ計算機
 リコープリンティングソリューションズ
 パナソニックコミュニケーションズ
 セイコーエプソン
 レックスマーク
 サムスン
 デル
 コダック
 昭和情報機器
 パンチグラフィックス
 東洋インキ
 サカタインクス
 他

3.FAXメーカー・ベンダー
 リコー
 キヤノン
 東芝テック
 沖データ
 NEC
 パナソニックコミュニケーションズ
 ブラザー工業
 村田機械
 サムスン
 他

2)関連メーカー・ベンダー  

1.OEM先メーカー  
2.主要ディーラー(ベンダー)
3.部品・材料メーカー
4.その他関連取引先


■■ 調査概要 ■■

【対象期間】
2006年~2007年実績、2008年見込~2011年計画

【調査対象範囲】
対象範囲は日本を含め全世界(北米、欧州、中国、その他)

【調査方法】
1.取材対象メーカーへの直接訪問面接調査
2.公開されている文献、資料、統計等の分析及び調査
3.弊社に蓄積されているデータの活用

【調査形態】
本調査はマルチクライアント方式による調査である。

【調査期間】
2008年11月~2008年12月


■■ 資料目次 ■■

[総合分析編]
1.全世界のジャンル別出荷動向(2006年~2011年)
 オフィス向け(出荷台数/出荷金額/全体概況)/プロ向け(出荷台数/出荷金額)
2.オフィス向け MFP の出荷動向(2006年~2011年)
 全体(MFPのみ)/モノクロPPC(アナログ+デジタル)のMFP化率/カラーPPC のMFP 化率/モノクロレーザー/LED プリンタのMFP 化率/カラーレーザー/LED プリンタの MFP 化率/FAX のMFP 化率/各出力機器のMFP化率の比較
3.セグメント別オフィス向け MFP の出荷台数比較
 モノクロMFP/カラーMFP
4.国内外の生産台数(比率)の変化
 全体/PPC(MFP)(全体)/プリンタ(全体)/FAX(全体)
5.メーカー別オフィス向け全出力機の出荷台数(エンジンスピード別)

[A.PPC市場編]
A-1.集計編
1.全体の出荷台数
2.全体の出荷金額
3.生産台数
4.MFP と単機能の出荷台数比較
5.モノクロデジタルPPC のスピード別出荷状況
6.カラーPPC のスピード別出荷状況
7.PPC 全体(モノクロ+カラー)のメーカー別出荷台数/出荷金額
8.モノクロ PPC 全体(デジタル+アナログ)のメーカー別出荷台数/出荷金額全世界  /日本/北米/欧州/中国/その他地域
9.モノクロデジタル PPC 全体のメーカー別出荷台数/出荷金額全世界/日本/北米/10.全世界のモノクロアナログ PPC のメーカー別出荷台数/出荷金額全世界/日本/北米/欧州/中国/その他地域
11.カラーPPC(モノクロ/カラー兼用機を含む)のメーカー別出荷台数/出荷金額
12.出力スピード別メーカー別全体市場(台数)モノクロデジタルPPC/モノクロアナログPPC/カラーPPC
13.出力スピード別メーカー別個別市場(台数)日本/北米/欧州/中国/その他地域14.出力サイズ別モノクロデジタル PPC(国内外)出荷台数全体/日本/北米/欧州/中国/その他地域
15.出力サイズ別モノクロアナログ PPC(国内外)出荷台数全体/日本/北米/欧州/中国/その他地域
16.出力サイズ別カラーPPC(国内外)出荷台数全体/日本/北米/欧州/中国/その他地域
17.出力サイズ別メーカー別個別市場(台数)全体/日本/北米/欧州/中国/その他地域
18.ネットワーク対応/MFP の比率
19.OEM 関係 モノクロ/カラー
20.自社ブランド(自社エンジン、OEM 受け)とOEM 供給の販売台数 モノクロ/カラー
21.ランニングコスト
22.商品開発動向
23.販売ルート/サービス体制
24.A4MFP(複写機)とA3 レーザーMFP(プリンタ複合機)の影響
25.PPC の競合機種一覧

A-2.個別メーカー編

調査項目
全体の出荷台数/全体の出荷金額/出荷台数/全 PPC の出荷台数・出荷金額/モノクロデジタルPPC(国内外)の出荷台数・出荷金額/モノクロアナログ(国内外)の出荷台数・出荷金額/カラーPPC(国内外)出荷台数・出荷金額/出力サイズ別モノクロデジタルPPC(国内外)出荷台数/出力サイズ別モノクロアナログPPC(国内外)出荷台数/出力サイズ別カラーPPC(国内外)出荷台数/機種別の販売台数一覧/ネットワーク対応、MFP 化率/主要OEM/自社ブランド(自社エンジン、OEM 受)とOEM 供給の販売台数/ランニングコストの現状と将来動向/商品開発動向/販売ルート/A4MFP(複写機)とA3 レーザーMFP(プリンタ複合機)の影響キヤノン/リコー/富士ゼロックス/シャープ/京セラミタ/東芝テック/コニカミノルタビジネステクノロジーズ/パナソニックコミュニケーションズ

A-3.スピード別PPC機種一覧(レギュラーサイズ)

[B-1.プリンタ市場編]
B-1-1.オフィス向けレーザー/LEDプリンタ市場集計編
1.全体の出荷台数
2.全体の出荷金額
3.生産台数
4.MFP と単機能機の出荷台数比較
5.モノクロプリンタのスピード別出荷状況
6.カラープリンタのスピード別出荷状況
7.プリンタ全体のメーカー別出荷台数/出荷金額
8.モノクロプリンタのメーカー別出荷台数/出荷金額
9.カラープリンタのメーカー別出荷台数/出荷金額
10.メーカー別種類別日本市場(台数)
11.メーカー別種類別北米市場(台数)
12.メーカー別種類別欧州市場(台数)
13.メーカー別種類別中国市場(台数)
14.メーカー別種類別その他地域市場(台数)
15.出力スピード別メーカー別全体市場(台数)
16.出力スピード別メーカー別地域別市場(台数)
17.出力サイズ別モノクロプリンタ(国内外)出荷台数
18.出力サイズ別カラープリンタ(国内外)出荷台数
19.出力サイズ別メーカー別個別市場(台数)
20.ネットワーク対応/MFP の比率
21.OEM 関係
22.自社ブランド(自社エンジン、OEM 受け)とOEM 供給の販売台数
23.ランニングコスト
24.商品開発動向
25.販売ルート/サービス体制
26.A4MFP(複写機)とA3 レーザーMFP(プリンタ複合機)の影響
27.オフィス向けレーザー/LEDプリンタの競合機種一覧

B-1-2.オフィス向けレーザー/LEDプリンタ個別メーカー

<共通調査項目>
全体の出荷台数/全体の出荷金額/生産台数/モノクロプリンタ(国内外)の出荷台数・出荷金額/カラープリンタ(国内外)の出荷台数・出荷金額/出力サイズ別モノクロプリンタの出荷台数/出力サイズ別カラープリンタの出荷台数/機種別の販売台数一覧/ネットワーク対応、MFP の比率/主要OEM/自社ブランド(自社エンジン、OEM 受け)とOEM 供給の販売台数/ランニングコストの現状と将来動向/商品開発動向/販売ルート/
A4MFP(複写機)とA3 レーザーMFP(プリンタ複合機)の影響キヤノン/ブラザー工業/沖データ/富士ゼロックス/京セラミタ/リコー/リコープリンティングシステムズ/コニカミノルタビジネステクノロジーズ/カシオ計算機/レックスマーク/三星電子/パナソニックコミュニケーションズ/セイコーエプソン

B-1-3.オフィス向けレーザー/LEDプリンタ機種一覧

B-1-4.プロ向けレーザー/LEDプリンタ市場
1.カラー機のメーカー別出荷台数/出荷金額
2.カラー機のメーカー別最新動向(富士ゼロックス、コニカミノルタ、キヤノン、リコー、HP インディゴ、パンチグラフィックス〈ザイコン〉、コダック〈ネクスプレス〉、昭和情報機器)
3.モノクロ機のメーカー別出荷台数/出荷金額
4.モノクロ機のメーカー別最新動向(富士ゼロックス、コニカミノルタ、リコー、キヤノン、コダック)

B-1-5.プロ向けレーザー/LEDプリンタ機種一覧

[B-2.FAX 市場編]
B-2-1.集計編
1.通信規格別出荷全体台数
2.通信規格別集荷全体金額
3.通信規格別国内外出荷台数
4.生産台数
5.メーカー別出荷状況
6.通信規格別メーカー別個別市場(台数)
7.FAX ベースのMFP と単機能機のメーカー別出荷台数/出荷金額
8.エンジンスピード別(国内外)出荷台数/出荷金額
9.エンジンスピード別メーカー別全体出荷台数
10.エンジンスピード別メーカー別個別市場(台数)
11.出力サイズ別(国内外)出荷台数
12.出力サイズ別メーカー別個別市場(台数)
13.ネットワーク対応/MFP の比率
14.OEM 関係
15.自社ブランド(自社エンジン、OEM 受け)とOEM 供給の販売台数
16.タイプ別メーカー別の出荷動向(2007 年)
17.商品開発動向
18.販売ルート
19.MFP(複合機)の位置づけ
20.FAX の競合機種一覧

B-2-2.個別メーカー編

<共通調査項目>
通信規格別出荷台数/通信規格別出荷金額/通信規格別国内出荷台数/通信規格別海外出荷台数/生産台数/エンジンスピード別(国内外)出荷台数/エンジンスピード別(国内外)出荷金額/エンジンスピード別国内出荷台数/エンジンスピード別海外出荷台数/機種別の販売台数一覧/タイプ別の出荷動向/ネットワーク対応、MFP の比率/主要OEM/自社ブランド(自社エンジン、OEM 受け)とOEM 供給の販売台数/商品開発動向/MFP(複合機)の位置づけ 

ブラザー工業/リコー/キヤノン/パナソニックコミュニケーションズ/沖データ/東芝テック/村田機械

B-2-3.通信規格別FAX機種一覧


■■ 概要 ■■

商 品 名:2008年版MFPマーケット総覧「市場縮小傾向を乗り越えるMFP(複合機)市場の展望」
発 刊 日:2008年12月26日
発   行:株式会社データ・サプライ
調査・制作:株式会社データ・サプライ
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4判ワープロ製本
価   格:■フルレポート 630,000円(税抜600,000円+消費税30,000円)別途送料500円
■総合分析編・PPC市場編 367,500円(税抜350,000円+消費税17,500円)別途送料500円
■プリンタ・FAX市場編 367,500円(税抜350,000円+消費税17,500円)別途送料500円
■プリンタ市場編 262,500円(税抜250,000円+消費税12,500円)別途送料500円
■FAX市場編  157,500円(税抜150,000円+消費税7,500円)別途送料500円
 
詳細ページ: リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を
明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらの
フォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒150-0021
      東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
      Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
担当:谷口
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。