logo

就職先を慎重に選んでる!? 「紹介予定派遣」の就職率は3割

~ 派遣ジョブ「答えてアンケート!(12月実施)」より ~

派遣のお仕事サイト「派遣ジョブ」(http://hakenjob.com/)では、毎月定期的にアンケートを実施しています。今回は「紹介予定派遣」をテーマに、派遣スタッフが紹介予定派遣を利用して、実際に直接雇用される時の就業形態や就職状況について聞いてみました。

─────────────────────────────
【調査方法】 派遣ジョブWEB上でのアンケート調査
【調査期間】 2008年12月1日~12月31日
【テーマ】 紹介予定派遣ってどうですか?
─────────────────────────────
〔有効回答数〕 514人
〔派遣での就業経験〕 あり45% /なし52%
〔性別〕 女性55% /男性45%
〔年代〕 29歳以下32% /30-39歳37% /40歳以上30%

【調査報告】 ※添付グラフ〔参考資料〕をご参照ください。

■紹介予定派遣に応募したことが「ある」は3割!
今回のアンケート回答者の中で、紹介予定派遣に応募したことの「ある」人は29%、「ない」人は70%だった。この応募経験が「ある」人を年齢別でみると、30代が一番多く、32%、次いで29歳以下の28%の順だった。

以下、紹介予定派遣の仕事に応募したことの「ある」人(応募経験者149人)に聞いた。
■派遣先の直接雇用時の就業形態は「正社員」に限らない
応募した紹介予定派遣で、直接雇用時の就業形態を聞いたところ、「契約社員」(32%)、「正社員」(31%)の2種類が上位にあがり、必ずしも紹介予定派遣=正社員で、紹介予定派遣に応募していないことがわかった。また、年代別では30代の正社員志向が強く、全体平均を上回り、約4割だった。

■紹介予定派遣で実際に「就職した」人は3割!
紹介予定派遣で働いたことのある人(128人)の就職状況については、「就職した」は30%で、「就職しなかった」が52%だった。この「就職しなかった」人の中で、就職を断ったのは「自分から」と回答した人が過半数を超え、その理由として「職場の雰囲気が合わなかった」が一番多かった。

■紹介予定派遣で働いたことに対する評価「良かった」は約6割
紹介予定派遣で働いたことのある人に、就業前に派遣として働く期間があったことに対して感想を聞くと、「良かった(「どちらかといえば良かった」も含む)」と回答した人は64%だった。この自由回答からは、「就業してからのミスマッチを減らせる」「合わないと思えば辞めやすい」という声があった。一方、「良くなかった(「どちらかといえば良くなかった」も含む)」は11%。年代別でみると、年齢が低いほど、「良かった」という感想が多く、29歳以下では全体を上回り、71%だった。

*アンケートの結果はWEB「派遣ジョブ」上で、1月下旬公開予定です。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

参考資料

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※「紹介予定派遣」とは・・・
派遣先に、直接雇用されること(正社員や契約社員など)を前提に、一定期間、派遣社員として働き、派遣期間終了後に、派遣社員と派遣先の合意のもとで、正式採用されるシステムのこと。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事