logo

ジャパン ベンチャー リサーチ 年間レポート <<IPO Analysis>> 2008年IPO企業 分析レポートを発表 ~ 公開時分析、IPOまでの資金調達、IPO時の時価総額について ~

特定非営利活動法人Japan Venture Research(以下、NPO法人 JVRという。所在地:東京都渋谷区、代表理事:北村 彰)は、このたび「2008年 IPO企業 分析レポート」を発表いたしました。
本調査は、JVRが保有する資本政策データベースをもとに、新興市場に上場した企業の中からベンチャーキャピタル(VC)が投資している企業のデータを分析したものです。
調査対象は、2008年1月から12月末までに新興市場に上場した企業(42社)の中からVCが投資を行っている企業(36社)を対象にしています。

2008年1月~12月 新興市場IPO分析 (2007年通年との比較)
              投資会社VC、事業会社ランキング、業種別の分析、他
※調査結果は、以下URLの調査レポートを参照にしてください。
リンク



■Japan Venture Researchについて
日本では年間2,000社以上のベンチャー企業に対して約2,000億円の投資がVCによって行われているにもかかわらず、その実態が明らかにされることはありませんでした。NPO法人Japan Venture Researchは、ベンチャー企業とVCとをつなぐ接点のデータを集めることで、それぞれの実態を調査、分析できることを目標とし、2006年8月1日設立。
未公開企業の資本政策情報のデータベース化という日本で初めてとなる活動に着手し、ベンチャー企業への資本政策支援、企業価値評価分析、VC投資分析などを行っています。


■代表理事
北村 彰 (きたむら あきら)
日立を経て、その後13年間在席した日本IBMでは、営業、副社長補佐などを務め、1991年より日本オラクルの会社の立ち上げに参画。1994年 日本グプタ(現:イーシステム、ヘラクレス上場)を設立、2000年 セールスフォースドットコムを設立し、それぞれ社長を務め、CRM市場の拡大発展、ASP事業の幕開けに貢献しました。これまでのベンチャー企業立上げや事業再生、IPO経験を活かし、現在サンブリッジのベンチャーインキュベーションパートナーおよび、数社の役員を務める傍ら、このたびJVRの代表理事に就任し、日本で初めてとなるベンチャー企業の資本政策情報のデータベース化を行っています。


■役員構成
代表理事 :北村 彰      
理事    :アレン・マイナー  日本ベンチャーキャピタル協会 顧問
理事    :秦 信行      國學院大學経済学部 教授 学部長
監事    :山村 聡之輔   日本エンジェルズ・フォーラム


■本件に関するお問い合わせ
特定非営利活動法人Japan Venture Research
担当:一ノ瀬  TEL:03-3780-1455 info@jvr.jp リンク

関連情報
http://www.jvr.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事