logo

2009年以降もPNDの出荷台数は伸び続けるものの、価格は下落傾向に

株式会社グローバル インフォメーション 2008年12月24日 10時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、スウェーデン調査会社Berg Insight AB発行の最新英文調査報告書「Personal Navigation Devices」の販売を開始いたしました。
通信分野を専門とするスウェーデンの調査会社Berg Insightは、このほど発行した最新の調査報告書「Personal Navigation Devices」のなかで、欧州と北米におけるパーソナルナビゲーションデバイス(PND)の出荷台数が今後10年間を通じて伸び続けるとの予測を明らかにしました。PNDの出荷台数は、2012年に5,600万台まで急増しますが、その後は落ち着いた動きになると見られています。一方、製品の価格は徐々に下がり始めており、早くも2009年の段階で売上高が減少に転じる見通しです。Berg Insightのシニアアナリスト、Andr Malm氏は、「近年PND市場は、社会現象と呼べるほどの大成功を収めてきました。2004年にこの市場が誕生したとき、出荷台数はほとんど0でしたが、2008年にはおよそ3,700万台にまで増えています。PNDの普及拡大は今も続いており、これからもさまざまな技術革新が期待できますが、この市場に参入しているどの企業にとっても、この先利益の確保は難しくなっていくでしょう」と語っています。Berg Insightは、PND市場減速の主な要因として、エントリーレベルデバイス市場における競争の激化と製品の陳腐化をあげています。またこの市場は、消費支出の変動に影響されやすいという問題も抱えています。このためベンダー各社は、しっかりとした収入源を確保することができる付加価値の高いサービスに力を注ぐようになると見られています。モバイルブロードバンド接続機能を搭載したデバイスの重要性が大幅に高まると予想されているのはこのためです。「インターネットがナビゲーション業界を発展させていく大きな力になるでしょう。ライブマップや交通情報サービスは、ドライブの様相を大きく変える可能性を秘めています。走行中の車内で、関連する情報をPNDに集約することができるようになれば、安全かつ経済的で、環境負荷の少ないドライブが可能になるからです」とMalm氏。【 英文市場調査報告書 】Personal Navigation Devicesパーソナルナビゲーションデバイス市場リンク Insight AB出版日2008/11【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事