logo

medibaモバイルリサーチ 「クリスマス」に関する自主調査を実施 ~クリスマスに聞きたい着うたフル(R)はEXILEの「ラストクリスマス」~

株式会社 mediba(本社:東京都港区 代表取締役社長:塚田俊文 以下medi
ba)は、自社が保有するリサーチ専用会員を対象に、「クリスマス」に関するモバイル
リサーチを実施しました。

■ 調査概要
・調査方法:mediba 保有会員(au 携帯電話ユーザー)に対してモバイルで調査
・調査対象:20代と30代の未婚者
・調査地域:1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)
・調査期間:2008年12月12日~15日
・有効回答数1,600 人(20 代の男女各400 人、30 代の男女各400 人)


■「クリスマス」に関する調査 結果要約
1. 恋人へのクリスマスプレゼントの予算と相互に期待する金額の関係性
充足率*1は男女ともに約116%となり、互いの期待値を上回る結果となった。

 恋人へのプレゼント予算は男性平均で1.71万円、女性平均で1.31万円となり、男女
間でプレゼント予算に0.4万円の開きが出ている。また恋人に期待するプレゼント予算
(以下、プレゼント期待価格とする)は男性で1.13万円、女性で1.46万円となってい
る。男性はプレゼント予算がプレゼント期待価格を0.58万円上回り、相手よりも多く出
したいと考えているのに対し、女性は0.15万円下回る結果で自身が出す以上のものを男
性に求めている傾向が見られる。(表1参照)
 但し充足率(男性:116%、女性:117%)で見ると、男女間に差が無くなっており、
互いに期待値を上回っていることが明らかになった。

* 1:充足率・・相手のプレゼント期待価格に対して恋人へのプレゼント金額の充足割合
を充足率として算出。
充足率(%)=(恋人へ贈るプレゼント金額÷相手のプレゼント期待価格)×100


2. 恋人有無の差によるクリスマスの行動変化
 恋人がいる人の約4割が自宅でクリスマスを過ごし、外出する人はイルミネーション
が有名なデートスポットに出かける予定となった。

 今年のクリスマスは平日ということもあり、クリスマスの過ごし方で最も多かったの
が、自宅(恋人有り:40.6%、恋人なし:56.6%)であった。クリスマスのイルミネ
ーションへ足を運ぶ予定の人は(恋人有り:14.2%、恋人なし:2.0%)で恋人の有無
で大きく違いが表れている。
 自宅以外でのクリスマスイベントの過ごし方は恋人有りの人は六本木・お台場・横
浜・銀座・丸の内といった雰囲気のよいイルミネーションが有名なデートスポットに
出かける傾向にある。


3. クリスマスに聞きたい着うたフル(R)とは
 クリスマスに聞きたい着うたフル(R)はEXILEの「ラストクリスマス」。

 クリスマスに聞きたい着うたフル(R)を聞いたところ、最も人気のあったものはEXILE
がカバーしている「ラストクリスマス」。
 女性は2番目にマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」がランクインするの
に対して、男性は山下達郎の「クリスマスイブ」がランクインする結果となった。

※「着うたフル」は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標または
商標です。


■ 調査内容
Q1.恋人の有無 Q2.恋人へのプレゼント
Q3.恋人へのプレゼント予算 Q4.恋人からのプレゼント期待価格
Q5.クリスマスの好き嫌い Q6.X’masの予定
Q7.外出場所 Q8.クリスマスに聞きたい着うたフル(R)


■株式会社 medibaについて
株式会社 medibaは、KDDI 株式会社が提供するau 携帯電話とPC が一体化したポー
タルサイト「au one」の企画・開発を核に、「au one」の広告事業を展開しています。
「au one」を機軸に、au 携帯電話の機能を包括的に活用したソリューションの提供によ
って企業のマーケティング活動をサポートする、さまざまなサービスを提供しております。


■本件に関するお問合せ先
株式会社 mediba(メディーバ) 広報部 野尻 TEL:03-5572-7566
リサーチビジネス部 坂本・加藤 TEL:03-5572-7578

関連情報
http://www.mediba.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事