logo

地域力連携拠点事業で中小企業庁長官賞を受賞

岡山県商工会連合会とアジル・スイートによる経営支援事例

岡山県商工会連合会とアジル・スイートによる経営支援事例が「模範的支援事例」として、中小企業庁長官賞を受賞いたしました。中小企業庁では全国商工会等の316機関を通じ、地域力連携拠点事業を推進しています。今年実施された全国545件の事例中、特に模範となる成功事例4件に長官賞が授与されました。

今年度、岡山県内商工会および岡山県商工会連合会では、地域力連携拠点事業を展開しています。中小企業の経営課題に対し、商工会等の支援機関がコーディネーターとなり、県内のITや経営等の専門家と連携、地域のつながり力で解決を行うものです。

岡山県商工会連合会とアジル・スイートが取り組んだ課題は、夏場の売上がほとんどなくなる種苗専門店における従業員の雇用継続です。解決策を緊急対策と中期対策に分け、即効性の必要な緊急対策を赤磐商工会および県連合会の経営指導員、種苗店、アジル・スイートの3者連携で迅速に立案、実行しました。具体的には夏場の主力商品を明確にし、顧客の購買意欲が増す画面構成、検索ヒット率の高いホームページへの改善に取り組みました。その結果、支援から3ヶ月でネット販売にて月商80万円を実現、経営課題であった従業員の雇用継続を確保しました。

地域力連携拠点事業は、中小企業庁が全国316の支援拠点を通じて推進しています。今年実施された全国545件の事例のうち、他の支援拠点等が模範とできるような成功事例4件を選定、12月3日に中小企業庁長官賞が授与されました。

岡山県商工会連合会およびアジル・スイートでは、今後も地域つながり力を活かした経営支援活動を積極的に進めて参ります。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事