logo

Microsoft® Office 製品とJava Servlet環境の相互運用性を実現する ソリューションを共同開発

~ 異種混在環境における相互運用性をデータ同期実験で実証 ~

株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役:長谷川 礼司、以下アプレッソ)、ソフトブレーン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 秋山 真咲、以下ソフトブレーン)およびマイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下マイクロソフト)の3社は、Microsoft® Office製品とJAVA Servletで作成された営業支援システム(SFA)間での一元的なスケジュール管理を可能とするソリューションを共同で開発しました。これは、3社が12月15日および16日の2日間にわたりマイクロソフト イノベーション センター(所在地:東京都調布市、以下MIC)にて実施した相互運用性に関する実証実験の成功を受けたものです。

本ソリューションは、Microsoft Office SharePoint Server 2007および Microsoft Exchange Server 2007と、ソフトブレーンが提供するSFAであるeセールスマネージャーの双方を導入しているお客様からの「一元的にスケジュール情報を同期したい」という強い要望に対応するために、3社共同でデータ内容をスケジュール情報、To Do情報に絞り、簡単にインストールするだけで、通常の入出力よりもさらに高度なデータの相互同期を実現するためのコンポーネント「PIM Synchronizer(仮称)」を開発したものです。実証実験では、このコンポーネントを用いて、Office SharePoint Server 2007 , Exchange Server 2007 およびeセールスマネージャー 7.1間でシステム間の相違の垣根を越えて情報同期に対応できる事を動作確認しています。

3社は、共同開発したソリューションの製品化を進め、より簡単に一元的な情報同期を可能にするとともに、本ソリューションで用いる共通スキーマの標準化に向けて取り組み、ソフトウェアベンダー各社による対応ソリューション開発の促進を図ります。

本ソフトウェアの開発に伴い、3社は、日本の有力ソフトウェアベンダーが参加するMade In Japan Software Consortium(以下MIJS、 理事長:千田 峰雄)に対し、3社が共同作成したスケジュールおよびTo Doに関する共通スキーマの提案を実施、標準化に向けた検討を働きかけていきます。MIJSでは、ソフトウェア間のデータ標準化を行い、相互連携を行うことで海外展開および国内ビジネス基盤の強化を図っており、MIJSにおいて本スキーマが標準化されることで、参加ソフトウェアベンダーをはじめとする国産ソフトウェアベンダー各社による情報系システム本スキーマの採用が進み、これまで個別に作り込みが必要だった相互接続のためのコスト削減が期待できます。

今後は本ソフトウェアをベースとし、製品化に向け開発を進めていくと共に、MIJS会員企業の協力を得ながら、実ビジネス環境への早期導入による検証を進めていく予定です。現時点でのソフトウェアの販売開始時期は2009年春を予定しています。
実証実験の概要及びMIJSからのコメントの詳細に関しては参考資料を参照下さい。



(参考資料)
1.実証実験概要
実験環境として、マイクロソフト調布技術センター内にあるMICにサーバー4台とクライアントPCを用意。以下の内容で設定を行い、スケジュールとTO DOの同期を検証しました。

Server1: Active Directory, Exchange Server 2007,Windows Server 2008 (x64)
Server2: SQL Server 2005, Office SharePoint Server 2007, Windows Serer 2008 (x86)
Server3: PIM Synchronizer, Windows Server 2003 R2 (x86)
Server4: eセールスマネージャー 7.1, Windows Server 2003 R2 (x86)
Client1: 2007 Office system, Windows Vista (x86)

実験は2日間で実施され、1日目に実験環境を構築、2日目に同期テストを実施しています。なお、今回の実験のために開発したPIM Synchronizer(仮称)は約3カ月で開発を行ったプロトタイプを使用しました。アプレッソのDataSpider Servista のコアコンポーネントを利用し、開発期間を大幅に短縮しているのが特徴です。また、SharePoint , Exchange , eセールスマネージャーへの接続部分は今回のために独自で開発を行いました。

2.MIJSからの賛同のコメント
MIJSコンソーシアムは、マイクロソフト株式会社、株式会社アプレッソ、ソフトブレーン株式会社の3社で、スケジュールデータおよびToDoデータに関する共通スキーマの標準化に取り組まれていることを大変嬉しく思います。
MIJSコンソーシアムも、日本のIT業界発展のためにアプリケーションデータの標準化に取り組んでおります。ユーザにとって非常に便益の高いスケジュール関連データ標準について、今回の3社共同によるスケジュール関連データの共通スキーマが、MIJS標準化活動に提案されることを歓迎します。
MIJSコンソーシアム 技術部会長 梅田弘之 様

このプレスリリースの付帯情報

図1.実証実験構成

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事