logo

サイバーテック、「XMLDBとRDB、システムとしてのハイブリッド化」を提唱

~「ハイブリッドデータベースはRDBに分類」。ユーザの視点に立った「DBの適材適所」のコンテンツを公開 ~

XMLおよびXMLデータベース(XMLDB)のリーディングカンパニーである、株式会社サイバーテックは、業務システム構築において、システムインテグレータがデータベースの選定や比較検討を行う際、XMLを格納するサーバには、XMLのハンドリングに適したXMLデータベースを使い、表形式データを格納するサーバには、RDBを配置する「システムとしてのハイブリッド構成」が最適解である、という指針を提唱します。

今回、「キヤノンITソリューションズ株式会社」と協力し、リレーショナルデータベース製品が、データタイプのひとつであるXMLに対応した機能拡張した製品を「ハイブリッドデータベース」という名称を使い、XMLデータベースと並列で比較されている事が多くなったことでの、エンドユーザやシステムインテグレータ、データベース業界の混乱を回避する目的でコンテンツを公開しました。システムエンジニアの視点から見た「XMLデータベースの定義」と「柔軟さが求められる業務システムにおけるXMLデータベースとRDBの使い分け」のガイドラインを明確にした上で、ユーザや市場の混乱を収束するための指針を提唱します。

XMLおよびXMLデータベース(XMLDB)※ のリーディングカンパニーである、株式会社サイバーテック(代表取締役社長:橋元 賢次 本社:東京都千代田区、以下サイバーテック)は、業務システム構築において、システムインテグレータがデータベースの選定や比較検討を行う際、XMLを格納するサーバには、XMLのハンドリングに適したXMLデータベースを使い、表形式データを格納するサーバには、RDBを配置する「システムとしてのハイブリッド構成」が最適解である、という指針を提唱します。

・発表の背景
ビジネス環境の急激な変化や、企業内の変革に対して、柔軟に拡張できる機能が、業務システムにおいて求められており、XMLデータベースの導入を検討する企業が増加しています。しかし、リレーショナルデータベース製品が、データタイプのひとつであるXMLに対応した機能拡張した製品を「ハイブリッドデータベース」という名称を使い、XMLデータベースと並列で比較されている事が多くなり、一部ユーザや、業界の混乱を招いています。今回、サイバーテックは、XMLデータベースのトップベンダとして、キヤノンITソリューションズ株式会社と協力し、このような問題を解決するためのコンテンツを公開しました。今回の発表を契機に、サイバーテックでは、データベースの評価・選定の新たな指針として、本内容が広く認知される事を期待します。

・今回提唱する内容
上記の問題に対して、サイバーテックでは、エンドユーザやシステムインテグレータが正しくデータベースを選定できるよう、システムエンジニアの視点から見た「XMLデータベースの定義」と「柔軟さが求められる業務システムにおけるXMLデータベースとRDBの使い分け」のガイドラインを明確にした上で、ユーザや市場の混乱を収束するため、以下の3点を提唱します。

1.XMLデータベースを、「XMLのハンドリングに特化したデータベース製品」と定義。
XMLが扱えるように機能拡張したリレーショナルデータベース製品が「ハイブリッド型XMLDB」と分類される事がありますが、テーブル型アーキテクチャがベースであるため、これらの製品については、「リレーショナルデータベース(RDB)」と分類し、そのように提唱します。

2.XMLを格納するサーバには、XMLのハンドリングに適したXMLデータベースを使い、表形式データを格納するサーバには、RDBを配置する、「システムとしてのハイブリッド構成」をとることが、パフォーマンス面などにおいて最適解です。

3.XMLデータベース設計では、XMLのパフォーマンスを悪化させる原因である、「RDB的思考からの解放」が必要であり、さらに、アプリケーション開発では、XMLDBを採用した意味のある、動的な画面生成など「アプリケーション側で構造の変化を吸収できるような工夫」が必要です。

・内容の詳細
サイバーテックは、提唱する内容の一部を12月16日より下記サイバーテックのWebサイトで公開します。尚、本コンテンツの制作には、キヤノンITソリューションズ株式会社の全面協力を得ており、1月を目途にキヤノンITソリューションズ株式会社のWebサイトでも公開する予定です。

・ 『エンジニアが本音で語る! XMLデータベース、その真の実力とは』
リンク


サイバーテックが提供するXMLデータベース「NeoCoreXMS」は、XMLをハンドリングすることに特化、RDBでは実現不可能な水準のパフォーマンスを発揮する事ができる、柔軟性と拡張性に優れたXMLデータベース製品です。製造業の製品データやドキュメントに付随するメタデータなど、多様で変化しやすいデータをスキーマレスのXMLとしてそのままデータベースに格納する事ができるため、システム運用中のデータベースの変更コストを最小限に抑える事が可能です。
今後サイバーテックでは、XMLデータベースの技術者に向けた設計手法などのノウハウを、パートナー企業と共同で検証し、その結果はサイバーテックやパートナー企業のWebサイトで順次公開する予定です。
※関連URL : リンク

※商品名称等に関する表示、記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。


<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社サイバーテック 社長室 広報担当:中村
メール:nakamura@cybertech.co.jp  TEL:03-5577-8000   FAX:03-5577-8002

<株式会社サイバーテックについて>
株式会社サイバーテックは、1998年に設立されました。コンテンツ管理(CMS)・文書管理・ドキュメント管理や、複雑なデータの管理に適しているXMLデータベース(XMLDB)ソフトウェア「NeoCoreXMS」(国内トップシェア)、「Cyber Luxeon」の2製品の提供をはじめ、各種業界向けプロダクトの提供や受託開発を実施いたしております。2006年には、フィリピン・セブ島にオフショア開発センターを設立しました。 
URL:リンク

※ XMLデータベースについて
XMLデータベース(XMLDB)は、ネイティブXMLデータベース(NXDB)とも称されます。XMLドキュメントをそのままの形で格納し, 利用することによって、従来のRDBで必要とされた、複雑なマッピング処理が不要になり, やわらかい情報管理を実現しながら、高いパフォーマンスを保つことが可能です。 RDBを機能拡張し、単にデータタイプの一つとしてXMLが扱える「ハイブリッド型データベース」に関しては、やはりベースとなる設計思想がテーブル型のアーキテクチャを持っています。したがって、「複雑なXMLデータを格納する」「一度格納したデータを更新する」「項目を追加する」といった処理は、XMLデータベースと比較すると、パフォーマンス面で圧倒的に劣ります(約50倍~100倍)。
また、XMLデータベース・RDBともXMLネイティブ検索を実施する際はXQueryが必要となってきますが、実際にクエリー文を書く際にも、XMLデータベースではXQuery構文のみで済むのに対して、RDBでは従来のSQLにXQueryを追加する形となり、クエリー文も膨大な量になるため、「ハイブリッド型データベース」でXMLをハンドリングすると、システムメンテナンスコストは逆に増大する傾向にあります。その他、XMLデータベースに関する様々な情報は、XMLDB.JP(リンク)をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。