logo

(株)理経、Ringdale社製FaxReceiver、DocuSenderを販売開始

 株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:青柳勝栄)は、同社が日本国内総代理店を務めるリングデール社(Ringdale, Inc.、本社:米国テキサス州、社長兼CEO:クラウス・ボールマン)製ModuLANシリーズのFaxReceiverとDocuSenderを販売すると発表いたしました。

 Ringdale社のModuLANシリーズは、環境への関心が高い企業を対象に、グリーン化を推進しペーパーレス・オフィスの実現に向けてビジネス・プロセスの改善を行うことを支援します。FaxReceiverは、イーサネット ケーブルや電話回線の物理的な接続ポートを持つ小型アプライアンスで、受信したFAX は 添付ファイルとして指定の電子メールアドレスに自動送信されます。DocuSenderは、LCD
タッチパネルおよびキーパッドを用いて情報を入力することができる小型アプライアンスで、FAX番号やメールアドレスを指定しておくと、FAXやパソコンを使わずに、USB接続のスキャナから読み込んだデータを指定したメールアドレスやFAXへ送信できます。

 ModuLANシリーズのFaxReceiverとDocuSenderは、データをGIFやPDF形式で保存します。PDFはAcrobatで制作されるファイル形式で、電子文書のやりとりでは最も普及しているため、ファイル保存には最も便利な方法です。フォントやグラフィックス、カラー、イメージを含んだ数千ものページ数を構成するPDFファイルは、オリジナル文書の書式やレイアウトを保持します。

 DocuSenderは、Ringdale社のFollowMe出力管理ソリューションを利用して、ユーザ認証を個別にまたはシングルサインオン・システムでも利用可能です。ユーザに特定のコードを割り振り、それをUSB接続の読み取り装置で読み取ってデータベースの情報とマッチングさせます。二つの異なる読み取り装置を使った二要素認証も可能です。

 DocuSenderへ接続可能なスキャナは、オートドキュメントフィーダとUSBポートを両方を標準装備
したVisioneer社製9750PDF、9650、9450、Patriotシリーズ780、680、470、430、RoadWarrior (future enhancement)、Xerox社製 DocuMateシリーズ632、520、272、152、富士通社製fi-5220C、fi-5015C、HP社製Scanjet 8270、N8400ファミリーで、今後、順次対応機種を追加予定です。


【リングデール社(Ringdale, Inc.)について】
 リングデール社(Ringdale, Inc.)は、企業向けネットワークの接続性を向上させるソリューション技術分野での革新的リーダーです。その応用分野は規模の大小を問いません。1997年、ドキュメント出力
機器のメーカーやモデルを問わない、世界初のセキュリティに優れたドキュメント出力管理ソリューションをリリースし、今日では世界中のあらゆる業界で何千もの企業や組織で使用されています。同社の主な製品は、アクセス・コントロール・システム、生体認証技術、ファックス・アプライアンス及びLAN/WANネットワーキング・システムです。
 英国Network Technology PLC(ロンドン株式市場:NTY)のグループ会社で、本社を米国テキサス州に置き、英国、フランス、ドイツ、日本、香港及びシンガポールに販売・サポート拠点があります。
詳細については、リンクをご覧下さい。

※Ringdale、FollowMe、ModuLAN、FaxReceiver、DocuSenderはリングデール社の登録商標です。
 その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


【お問い合わせ先】
株式会社 理経
URL:リンク


本件について: 企画開発部 黒澤
03-3345-2180(ダイヤルイン)
E-mail:kurosawa@rikei.co.jp


営業全般について:企画開発部 内山
03-3345-2180(ダイヤルイン)
E-mail:uchiyama@rikei.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。