logo

手間の掛からないバックアップ「TIKI DRIVE」

日本初のASP・SaaS型自動バックアップサービス

ウェブサービス事業を行う、株式会社ビット珈琲(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐久間 浩彰)は、日本初の自動でホームペイジ(以下ウェブサイト)のバックアップを行う「TIKI DRIVE」の提供を開始した。サービス利用料は無料。

ホームペイジを運営する人の 85.3% は、「データのバックアップは大切」(2008年12月ビット珈琲調べ。以下同)と思いながら、週に一度以上のバックアップを行っている人は、11.3% しかいないのが現状です。個人サイトを運営する人の87.1% は、「バックアップに掛けられるコストは月1,000円未満」と答え、うち 41.5% は「無料のみ」と、バックアップは大切とする一方、コストは掛けられないと答えています。企業サイトの運営する担当者の 79.3% は「バックアップに掛けられるコストは月10,000円未満」としています。
また、実際にバックアップを行っているユーザの 68.3% は、手元の PC にファイルをコピーする方法を取っています。

こうした現状を踏まえ、手間とコストを掛けず、そして遠隔地へのバックアップも簡単に行えるサービスとして、「TIKI DRIVE」を開発、サービスとして提供する事になりました。

「TIKI DRIVE」では、バックアップしたいウェブサイトの情報を入力すると、後はシステムが,定期的に自動でバックアップを行います。バックアップ対象のサーバにソフトウェアなどをインストールする必要は無く、一般的な構成のサーバであれば利用可能です。
 バックアップ先には、世界各地に設置されたサーバ(サービス名称、ドライブ)が選択できます(ディザスタリカバリに対応)。バックアップのタイミングは1日毎や1週間毎が選択でき、また過去のバックアップ・データを複数世代分、保存する機能があるので、ユーザのニーズに合わせてバックアッププランを作ることができます。

 本サービスは、アルファ版という形で、全ての機能を制限無く無料で提供します。現在は既存ユーザからの招待制を採用しています。今後、適宜、一般開放を行っていく方針です。
 本サービスは、産学研究推進を目的に早稲田大学内に設置した研究開発センター早稲田(新宿区西早稲田)にて開発したサービス第一弾となります。幅広いユーザ層に合わせるため、弊社が同センターで研究を進める、使いやすいインタフェイス「入院くんアーキテクチャ」を採用しました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。