logo

「日本IPTVサービスの市場展望」の販売を開始

2012年までのIPTVサービスの市場規模を予測

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都渋谷区)は、株式会社ROA Groupが提供する調査レポート「日本IPTVサービスの市場展望」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成20年12月15日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
      「日本IPTVサービスの市場展望」の販売を開始
      ~2012年までのIPTVサービスの市場規模を予測~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都渋谷区)は、株式会社ROA Groupが提供する調査レポート「日本IPTVサービスの市場展望」の販売を開始しました。

詳細ページ: リンク

■■ 資料概要 ■■

日本を含めた世界各国でIPTVサービスが提供されている現在、2008年の日本のIPTV契約件数は40万件に達する見込みでありますが、まだ市場としては初期段階にあります。しかし、2009年から本格的に全国主要都市にサービスが拡大すると見られ、2012年には300万件を突破すると予想されています。なおこの数値は、FTTH契約件数の約1割を占めると見られています。
本レポートでは、日本IPTVサービス市場における各プレイヤーの動向を探ると共に、今後の市場規模を予測しました。


■■ エグセクティブサマリー ■■

最近、日本を含めた世界各国で、様々な映像コンテンツを自由に視聴できるIPTVサービスが提供されており、今後急速な普及が期待されています。 IPTVとは、Internet Protocol TVの略語で、分類体系によって様々な定義が存在しますが、ROA Groupでは、『Closed IP Network(閉域網)で伝送された映像サービスを、STBを利用しTV受像機で視聴するサービス』と定義しています。つまり、IPによる伝送方式のため CATVとは異なるサービスで、オープンインターネット網を利用するインターネットTVも本定義から除外されます。日本国内では、NTTぷららの「ひかり TV」、KDDIの「ひかりone TVサービス」、BBケーブルの「BBTV」などが主要IPTVサービス提供事業者として挙げられます。

日本のIPTV契約件数は、2007年3月時点では17万2,000件でしたが、2008年には約40万件に達すると予想されます。しかし、市場規模としてはまだ小さく初期段階です。なお2009年からは、本格的に全国主要都市にサービスが拡大されると見られ、2012年には300万件を突破すると予想されます。なおこの数値は、FTTH契約件数の約1割を占めると見られています。

なお、IPTVサービスで使われている機器については、独自仕様なものが多く、相互互換が提供される状況には至っていません。そのため、これを標準化しようとする動きがITUにおいて国際的に展開され、日本でもIPTVフォーラムが標準化規定の作成を進めています。このようにIPTVの技術動向や標準化に関して、現在は政策的な動向に注目が集まっている状況です。

本レポートでは、日本IPTVサービス市場の動向を探ると同時に、2012年までのIPTVサービスの市場規模を予測しました。また、合わせてサービス普及に向けた今後の課題についても提言を示しました。


■■ 資料目次 ■■

◇エグゼクティブサマリー


1 IPTVの概要
 1-1 IPTVの定義―「IPTV」とは
 1-2 IPTVの分類
 1-3 IPTVの登場背景
 1-4 IPTVの特徴

2 IPTVの技術動向と標準化政策
 2-1 IPTVの技術動向
 2-2 暗号化技術
 2-3 IPTVの標準化政策
  2-3-1国際標準化の政策動向
  2-3-2 日本国内の標準化動向

3 IPTVサービスのビジネス戦略分析
 3-1 バリューチェーン分析
 3-2 水平的な市場統合化の進展
 3-3 通信・放送の規制における違い
 3-4 IPTVサービスのビジネスモデル

4 プレイヤーの動向分析
 4-1 コンテンツプロバイダの現況
 4-2 IPTVサービス事業者の動向分析
  4-2-1 BBTV
  4-2-2 ひかりone TVサービス
  4-2-3 ひかりTV
 4-3 ネットワークプロバイダの動向分析
  4-3-1 NTT東日本/西日本
  4-3-2 KDDI
  4-3-3 ソフトバンクBB
 4-4 メーカーの動向分析
  4-4-1 ソニー
  4-4-2 東芝
  4-4-3 NEC

5 IPTV市場分析
 5-1 IPTV サービスの成長要因分析
  5-1-1 Positive Factors
  5-1-2 Negative Factors
 5-2 類似市場分析
 5-3 IPTV市場規模の予測

6 結論
 6-1 IPTVの成功課題
 6-2 IPTVサービスの段階別発展展望

7 Appendix
 放送コンテンツプロバイダ一覧(2008年10月時点)


■■ 表目次 ■■

[表 1-1]IPTVサービスの分類
[表 1-2]日本のIPTV(狭義)市場現況
[表 1-3]IPTVの登場背景
[表 1-4]IPTVの特徴
[表 2-1]ITU-T IPTV FGの案件
[表 3-1]通信と放送の規制の違い
[表 3-2]IPTVビジネスモデルの特徴
[表 5-1]日本におけるIPTV契約件数の市場予測(2008~2012年)


■■ 図目次 ■■


[図 1-1]映像コンテンツの種類
[図 2-1]IPTVサービス概要
[図 2-2]コンテンツ著作権保護の DRM構造
[図 2-3]IPTV標準化に向けた国内外の組織
[図 3-1]IPTVサービスのバリューチェーン分析
[図 3-2]水平的な市場統合の進展
[図 3-3]IPTVサービスを巡るビジネスモデル
[図 4-1]BBTV画面イメージ
[図 4-2]ひかりone TVサービスの接続方法イメージ
[図 4-3]ひかりTV画面イメージ
[図 4-4]ソニーのネットワークTVボックス
[図 4-5]東芝の「REGZA」Z7000
[図 4-6]「コンテンツ・レコメンデーション」サービス
[図 5-1]日本におけるFTTH契約件数の成長予測(2008~2012年)
[図 5-2]NHKオンデマンド
[図 5-3]日本におけるCATVの契約件数の推移(2002~2006年)
[図 5-4]日本におけるIPTV契約件数の成長予測(2008~2012年)
[図 6-1]TVの進化過程
[図 6-2]IPTVの3段階の発展方向


■■ 概要 ■■

資 料 名:日本IPTVサービスの市場展望
発 刊 日:2008年12月
発   行:株式会社ROA Group
調査・制作:株式会社ROA Group
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4カラーコピー印刷・60頁
価   格:
    ■印刷版
     99,750円(税抜95,000円+消費税4,750円)別途送料500円
    ■PDF版
     99,750円(税抜95,000円+消費税4,750円)別途送料500円
    ■印刷版+PDF版
     102,900円(税抜98,000円+消費税4,900円)別途送料500円

※本商品はご購入手続き完了後、株式会社ROA Groupより直接送付いたします。
 商品発送のために送り先を株式会社ROA Groupに連絡いたしますことをご了承ください。

詳細ページ: リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒150-0021
      東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
      Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
担当:谷口
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。