logo

パイプドビッツ、グリーンIT基本方針を制定

株式会社パイプドビッツは、地球環境保全と事業活動との調和を経営上の重要課題の一つとして位置づけ、2008年12月11日付でグリーンIT基本方針を制定いたしました。
情報資産管理ASP/SaaS「スパイラル・メッセージングプレース」(以下「スパイラル」)を提供する株式会社パイプドビッツ(代表取締役社長:佐谷宣昭 本社:東京都港区元赤坂)(リンク)は、地球環境保全と事業活動との調和を経営上の重要課題の一つとして位置づけ、2008年12月11日付でグリーンIT基本方針を制定いたしました。
本方針に基づき「明日の豊かな情報生活」の実現に貢献して参ります。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<グリーンIT基本方針>1 環境保全意識の向上
環境保全に対する社員の意識の向上を図り、日常業務における資源・エネルギーの節約に取り組みます。2 グリーンIT事業の促進
地球環境の保全と情報生活の発展との調和を促進する事業を企画し、実践します。3 環境コミュニケーションの促進
事業活動によって生じた温室効果ガス等の環境負荷を計測し、環境負荷の実態を認識すると共に、その受益者に対して計測結果を明示する仕組みを企画し、実践します。4 環境負荷低減への取組み
事業活動における環境負荷低減の目標を定め、計画を立案し、実践します。5 法令遵守
当社が遵守すべき環境保全に関する法令、ガイドライン、社内規程、お客様又は外部関係機関等との間で締結した契約を遵守します。6 継続的な改善
地球環境の状況や社会の要請等に変化が生じた場合には、必要に応じて本方針の見直しを行います。制定 2008年12月11日株式会社パイプドビッツ
代表取締役社長 佐谷宣昭
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【関連リリース】
2008年12月12日
パイプドビッツ、スパイラルのCO2排出量93%削減効果を実証
リンク
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社パイプドビッツ
広報部 担当:青木、三枝
受付時間:平日10:00~18:00(12/28~1/3を除く)
TEL:03-5771-6931
【企業情報】
株式会社パイプドビッツ(マザーズ3831)
リンク   2000年4月3日
資本金  1億8千万円
本社   東京都港区元赤坂1丁目1番7号
代表者  代表取締役兼CEO 佐谷 宣昭(さたに のぶあき)
事業内容 アプリケーション・サービス事業
業績   8億5千万円

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事