logo

クラウドソーシング※1で主婦等の在宅労働力を活用 リアルクラウドβ版オープン

第一弾、テキスト入力領域で情報基盤開発と提携、SaaSサービス「AltPaper」※2と連携

時間や場所に関係なく1万人に月50 万円の報酬提供を目指すインターネットサービス、「リアルワールドサービス※3(http://www.realworld.jp/) 以下、リアルワールド」を運営する、株式会社リアルワールド(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:菊池誠晃)は、12月8日クラウドソーシングを用いた新規事業「リアルクラウド(URL:http://www.realworld.jp/realcrowd) 以下、リアルクラウド」βオープンし、入力作業領域で株式会社情報基盤開発(本社:東京文京区 代表取締役:鎌田長明 以下、情報基盤開発)と提携。情報基盤開発の運営するSaaSサービス「AltPepar」とシステム面で連携をいたします。

■提携概要
1)情報基盤開発の自動入力SaaSサービス「AltPaper」の受注するアンケート集計作業のうち、顧客企業の同意が得られたテキスト入力作業をリアルクラウドへ提供
2) リアルワールドから情報基盤開発へ手書きデータのスキャニング作業の依頼
3) 情報基盤開発よりリアルクラウドへ、web上での入力システムの提供

■リアルクラウド(テキスト入力領域)概要

▼クライアント向けサービス
企業や官公庁等が保有する手書き資料のデジタルデータ化を請負、200万人を超える(2008年11月現在)会員ユーザーがネット上で入力作業をすることで、電子データし納品を行う。

【想定作業】アンケート・書籍関連・ショップカード等

【特徴】
・高品質
同じテキストの入力を複数人で実施。2重3重のチェック体制を構築することにより、高品質な納品を実現。ユーザーはマイスコア機能で自分の入力作業のクオリティをチェックが可能。

・スピーディ
依頼から作業、納品までのプロセスに介在する受発注作業を短縮化し、リアルタイムで200万人の会員ユーザーに対して作業を提供することで、スピーディーな納品が可能。

・低価格
人員を抱えず労働力を確保するため、システムによる自動化により管理費や作業単価の削減が可能。

▼会員ユーザー※4向けサービス
リアルクラウド上にてスキャニングされた手書きデータの画像をテキスト入力することで電子化し、文字数等に応じてポイントを付与。ポイントは現金や電子マネー、各社提携ポイントへの交換が可能。

※付与ポイント 1文字あたり1ポイント
※10ポイント=1円で現金・電子マネー等に換金

リアルクラウドを利用する主な会員属性は、主婦・フリーター・派遣で働く方・地方のサラリーマン・OLを想定しており、時間や場所に関係なく働ける新しい労働力活用を目的としております。

リアルワールドでは、中期目標として「時間や場所に関係なく1万人に月50 万円の報酬提供」をビジョンとして掲げております。今回のリアルクラウドのオープンは、中期目標達成のための基盤構築となります。

用語解説

※1 クラウドソーシングとは
Crowd(民衆) sourcing(資源活用)が由来。インターネットを通じて、社外の不特定多数の人々に対してアウトソーシングを行うこと。知的生産力や、コンテンツなどを多数の人々から調達、集約し、事業成果を挙げることが目的。

※2 自動入力SaaSサービス「AltPaper」とは、Wordで印刷したアンケートや申込書などの紙帳票をスキャナに通して送信するだけで、書かれた内容を即座にサーバーが自動集計し、データ化やグラフ出力が行えるSaaSサービスです。

※3 リアルワールドサービスとは
株式会社リアルワールドが運営(URL:リンク)。会員数約200万人。ユーザーに時間や場所に関係なく1万人に月50万円の報酬提供を目指すインターネッサービス。Eコマースやブログ・各種サービス等、ライフスタイルに結びついたインターネットサービスを利用することによりポイント付与を行う。
※4 リアルクラウドの利用には、リアルワールドサービスへの会員登録が必要となります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。