logo

照明のLED化でコストとCO2排出量を大幅削減。照明省エネ化シュミレーションサイト誕生。

株式会社ニッケンハードウエア 2008年12月09日 16時00分
From ValuePress!

2008年12月9日
株式会社ニッケンハードウエア
================================================
照明のLED化でコストとCO2排出量を大幅削減。LED導入シュミレーションサイト誕生。
リンク
================================================
株式会社ニッケンハードウエア(所在地:東京都杉並区 代表取締役社長:岡本修一)は、
2008年12月XX日に、現在注目を集めている次世代照明であるLEDを企業、店舗、工場などの事業所へ
導入する際の導入シュミレーションをweb上で無料で行えるサイトを公開した。

LED照明は従来の白熱電球、ハロゲンランプ、水銀灯等の約1/10程度しか電力を消費せず、同様にCO2排出量も1/10程度となる。
また、従来の照明と比較し、4倍~10倍以上の寿命が見込める為、交換に要する電球代、作業費等も大幅に削減が可能。
数ある環境ビジネス商品の中でも、群を抜く実力を持ったLED照明分野であるが、従来の照明との価格差が大きく、導入時からすぐコストダウン
というわけには行かないのが現状であった。
しかし、2008年度後半より、高発光効率、低価格、長寿命をを売りとする国内・海外メーカーが台頭し始め、4000~5000時間程度の点灯で
イニシャルコストを償却し、コストダウンが図れるLED照明製品が増え始めた事から、今後一気に広まる可能性を秘めている。

同社のwebサイト上では、ユーザー自身が現在利用している照明タイプ、数量、電力会社との契約内容等の条件を入力後に、
代替用LEDを選択すると、どの程度の期間でイニシャルコストを償却し、その後のコストダウン効果がどの程度見込めるのか、
導入後40000時間までの推移をシュミレーションし、数値とグラフで視覚的に分かりやすく表示する。
(CO2排出量に関しても同じく数値とグラフで表示可能)

また、2009年から施行される「改正省エネ法」によって指定された「特定事業者」などには必見のサービスが同時に開始される。
LEDの照明は近年の技術確認によって非常に明るい照明に進化したものの、
「1/10の消費電力で本当に従来の明るさが出るのか?」
「光色の違いによって、雰囲気が崩れないだろうか?」
など導入後の心配を事前に防ぐ為、
実機を無料レンタルしてもらえるサービスを開始。日本全国に無料で発送するという。
光の色の違いや明るさの感じ方は、人によって様々。特にLEDという新たなデジタルの光源の照明に対しては、
イメージが沸きにくいユーザーが大多数。無償貸与によって仮設を行うなどをすれば、勘違いによるトラブルも防げる。

温室効果ガス対策において、照明分野は省エネ効果が非常に高い。
アフターサービスだけではなく、ビフォーサービスを充実させるビジネスモデルの登場で、
次世代照明の市場への浸透が加速する。



【会社概要】
■会社名 株式会社ニッケンハードウエア
■代表者 代表取締役社長 岡本 修一
■資本金 3,000万円
■創 業 1966年2月1日
■所在地 東京都杉並区下井草3-3-26
■TEL  03-3394-1521 
■FAX  03-3396-4627
■URL  リンク
■Email ecology@nikken-hw.jp
■事業内容 
エコロジー事業部:省エネLED照明の企画・販売
システム事業部:IDカード、社員証発行システム、セキュリティ機器の製造・企画・販売
ファニチャー事業部:オフィス家具部品、産業用パーツの製造・企画・販売


【本件に関するお問い合わせ】
■会社名 株式会社ニッケンハードウエア
■担当者 エコロジー事業部 金子
■TEL  03-3394-1521
■FAX  03-3396-4627
■Email ecology@nikken-hw.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。