logo

ブロードバンドビデオとインターネットTV

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが12月に刊行予定です。

過去2年間で最も急成長した消費者向けインターネットアプリケーションは、恐らくブロードバンドビデオだろう。「Facebook」やその他のサイトによって好調に成長しているソーシャルネットワーキングでさえ、過去12ヶ月の多くの新たなビデオ利用者と全体的なビデオの利用数とを比較できないだろう。米国の調査会社ABIリサーチは独自の調査により、米国消費者によるブロードバンドビデオの利用開始は、昨年倍増したことがわかった。また利用者がビデオを利用する量は、日・週・月ベースで増え続けている。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「ブロードバンドビデオとインターネットTV」は、様々な配信ソリューションがいかに消費増加というチャンスに便乗し、コンテンツ所有者とオペレータがスクリーン上のオンラインコンテンツによりシームレスで一定のアクセスをどのように実現しようとしているかや、有料および広告支援のブロードバンドビデオ市場での利益獲得に向けた様々な戦略を調査している。

◆調査レポート
ブロードバンドビデオとインターネットTV:PC、TV、ポータブルドメインにおける有料、広告支援のオーバーザトップビデオ
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。