logo

ワイズシステム 無料のマインドマップ風ASP「PDCAマップ2-パーソナル」を発表! 付箋紙フリーソフトからもデータ送信可能!

株式会社ワイズシステム 2008年12月08日 14時00分
From ValuePress!

株式会社ワイズシステム(本社:京都市伏見区深草一ノ坪町12-2
久安ビル3F、代表取締役:山岡敬章)は、
PDCAサイクルの概念(Plan(計画)、Do(実行)、Check
(評価)、Action(改善))を、マインドマップ風に操作・管理=
見える化できるASP「PDCAマップ2」の無料版を発表した。

「PDCAマップ2」は、ひとつひとつのPDCA(ひとつの仕事や、
思考のタスク)を、親子関係を持たせたツリー状に管理することができる
もので、WEBブラウザ上でありながらマウスによって直感的に操作が
可能となっている。

流行りのマインドマップのような気軽な使い方から、ロジックツリーによる
情報の整理、ワークフローや情報共有、業務のプロジェクト管理まで、
さまざまな利用方法が考えられる。

表示方法は、メインとなるPDCAマップ表示のほか、各PDCA(タスク)
の期限による月間カレンダー表示も搭載し、ToDoソフトとしても機能する
とともに、タスクの処理の優先順位を決めるためのグラフ表示の機能もある。

面白い機能として「テンプレート」機能がある。
仕事のやり方(例:営業のフロー、クレームの対応フロー等)、問題に対する
考え方などを登録しておくことができ、新人スタッフでもテンプレートを利用して仕事を覚えることが可能。ISO認証取得で求められるような、
ワークフローのチェックにも利用される。(有料版では、自由に登録できる)
仕事の進め方を企業資源化できるというのは、同社がコンサルタント企業
として得た顧客からの要望により実現できたものである。

有料サービス「PDCAマップ2ービジネス」から、グループでの利用を
前提とした機能、及びテンプレートへの登録機能を省いたものが今回無料
で提供される「PDCAマップ2-パーソナル」で、申し込み時に簡単な
情報登録を行うだけで利用することができる。なお、申し込む前の、体験
ページも用意されている。

すでに発表され、一ヶ月で2000ダウンロードを超える人気フリーソフト
となった「PDCAデスクトップ付箋」は、パソコンのデスクトップ上で
PDCAを記入できる付箋紙ソフトであるが、このソフトから、および
ケータイ電話からも「PDCAマップ2-パーソナル」にデータ送信可能
となっている。

リンク (製品紹介ページ)

※ 有料版の「PDCAマップ2-ビジネス」について、販売・研修に
ご協力いただける経営コンサルタントや販売代理店を募集している。
本件に関しては、メールにて連絡のこと。

【動作環境】
○パソコン: WindowsXP、VISTA、及び JAVAスクリプト、IE7が正常に動作するパソコン
○料金: 無料

【会社概要】
○会社名: 株式会社ワイズシステム
○代表取締役:山岡 敬章 (やまおか たかあき)
○設立: 1999年 6月
○所在地: 〒612-0012 京都市伏見区深草一ノ坪町12-2久安ビル3F
○会社URL: リンク
○電話番号: 075-646-0667 FAX 075-646-0668
○Email: info@wides.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事