logo

残業時間を減らすには職場の一斉消灯や巡回が効果的 人事/労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」 総括レポートを公開

本音で交わしたディスカッションの中から得た各社の取り組みやナレッジが凝縮! コンプライアンス対策や長時間労働の削減策など、本研究会を通して導き出した解決策もご紹介。

 株式会社ナレッジサイン(本社:東京都中央区、代表取締役 吉岡英幸)は、株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長:三好 崇司)の主催のもと、2008年7月にスタートした「ヒューマンキャピタル研究会」を運営しております。本研究会は、2008年7月~10月まで計3回開催されましたが、これまでディスカッションされた貴重なナレッジを集めた総括レポートをナレッジサインが作成し、本日公開いたしました。

 過去3回開催された「ヒューマンキャピタル研究会」では、主に、労働時間管理の適正化にフォーカスした議論を行ってきました。

 本日から公開いたしております『ヒューマンキャピタル研究会 総括レポート~適正な労働時間管理を実施するために~』では、例えば、残業時間を減らすための施策として、21時の社内照明の一斉消灯や強化日の職場巡回を行うことで効果が出ているとの意見や、三六協定で定められた時間を超えないための施策として、就業管理システムでの事前アラームや個別のメール配信が有効であるといった意見が掲載されています。また、長時間残業者は、仕事ができる人に仕事が集中していることが多いことや、裁量労働制や自己申告制で労働時間を管理する場合においても、客観記録との比較・分析を行い、時間だけの管理ではなく健康面での管理も必要であるといった内容も掲載されています。


■ 「ヒューマンキャピタル研究会 総括レポート」の概要
・労働時間管理の適正化に力を入れる背景
・労働時間管理の実態と課題
・コンプライアンス強化のために
・増え続ける労働時間を削減するために


このレポートの詳しい内容についてはこちらから資料請求することで入手できます。
■レポートの入手についてはこちらから
リンク

■ヒューマンキャピタル研究会に関する詳細はこちら
リンク


■この件に関するお問い合せ先
株式会社ナレッジサイン
広報担当:TEL 03-3555-6901/FAX 03-3555-6902

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。