logo

短距離無線通信技術市場

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが12月に刊行予定です。

携帯端末に搭載される短距離無線通信市場は、今後の成長が見込まれている。NFC技術はすでにモバイル端末に統合されているため、導入とサービス展開が期待されている。短距離無線通信は、携帯端末上で複数のアプリケーションをサポート・実現しており、マス導入に向けて、主に支払と発券への導入が進んでいる。短距離無線通信の大規模な導入を実現するための規格開発と事業提携が進んできた。MNOはトライアルとサービス展開で市場を検証しており、広範な短距離無線通信サービスの導入に向けての投資は今後1年-1年半の間続き、モバイル端末と非接触アプリケーションの格差を埋める代替アプリケーションや暫定技術が登場するだろう。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「短距離無線通信技術市場:NFCの暫定技術、デバイス、モバイル端末」は、短距離無線通信技術のエコシステム、技術開発、規格化、主なトライアルとベンダ、主な収集データ、多様な業界と団体に関するあらゆる事項を分析し、短距離無線通信技術の導入、主なアプリケーションと暫定技術について記載している。


◆調査レポート
短距離無線通信技術市場:NFCの暫定技術、デバイス、モバイル端末
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。