logo

日立はNortelとの協力のもと、KDDIの3.9世代移動通信システムのコアネットワークベンダーに選定される

ハイパーコネクトされた日本の消費者とビジネスユーザーによりリッチなマルチメディアコンテンツをより高速に配信する新たなネットワークを構築へ

東京発・ノーテルネットワークス・リミテッド* (本社:カナダ トロント、以下、Nortel)は、このたび、KDDI株式会社(以下、KDDI)が3.9世代移動通信システムのコアネットワーク機器ベンダーに株式会社日立製作所(以下、日立)を選定したことを受けて、日立と協力し、LTE(Long Term Evolution)ソリューションをKDDIに提供していくと発表しました。

KDDIは、新しくLTEのネットワークを導入することで、同社の3,000万人に上る携帯電話加入者に、よりリッチなマルチメディアコンテンツの高速配信を可能にするネットワークへのスムーズなアップグレードを実現します。加えて、着メロや音楽などのダウンロードが瞬時に行えるようになるほか、広帯域、低遅延を必要とするビデオアプリケーションやリアルタイムでの携帯ゲーム、オンラインサービスも、よりストレスなく利用可能になります。また、現在のKDDIの第3世代CDMAネットワークとの共存と相互接続性を提供することで所有コストの低減を可能にします。

KDDIが「チャレンジ2010」のもとに掲げる目標には、顧客サービスの充実化を推進し、ユーザーが通信ソリューションに望む価値を提供することがあげられています。新ネットワーク導入の主な目的は、高い信頼性、総合的なユーザーの利便性、サービスの差別化、顧客満足の実現にあります。このため、KDDIは同社の次世代通信ネットワークのコアネットワーク機器ベンダーに日立を選定しました。これを受けてNortelは、日立と協力し、LTEソリューションの開発および提供を進めます。なお、日立の製品開発は、日立の100%子会社で通信ネットワーク機器の開発・製造などを行う株式会社日立コミュニケーションテクノロジーが行います。

KDDIの執行役員常務 井上正廣氏は次のように述べています。「当社の選定理由は、それぞれがテクノロジーリーダーとしての実績を持ち、豊富な経験があること、差別化されたソリューションを提供できること、そして迅速なサービス提供を実現するための市場導入における優位性が示されたことです。NortelはLTEの初期の試験段階から技術面におけるリーダーシップを明確に示し、高速時のLTEハンドオーバーなど業界初の数々の実績、当社の現在のネットワークの基盤技術となっているCDMAに関する豊富な実績、オープンスタンダードな開発手法、複数のベンダーに対応する互換性の高さといった、当社のニーズに不可欠な要素を備えています。当社の現在のコアネットワークを供給する日立の確かな実績にNortelのグローバルな経験が加わることにより、当社のネットワークをより高い次元へと導く理想的な陣容が整ったことになります。」

日立コミュニケーションテクノロジーの執行役員 キャリアネットワーク事業部副事業部長の高橋節夫氏は次のように述べています。「当社は、KDDIのネットワークインフラシステムや携帯電話端末のベンダーとして、長年にわたり良好なパートナーシップ関係を構築してきており、今後も、高品質、高性能な製品やソリューションを提供してまいります。今後は高い技術開発力と、CDMAに関する3GPP2およびLTEに関する3GPP標準化への貢献、そして世界市場での実績をもつNortelとの連携により、より迅速な次世代サービスの提供へ向け尽力していきたいと思います。」

Nortelのキャリア・ネットワーク部門プレジデントであるリチャード・ロウ(Richard Lowe)は次のように述べています。「このたび日立とチームを組み、次世代の移動通信システムをKDDIへ導入できることを大変うれしく思います。新しいLTEのネットワークが導入された暁には、日本全国のKDDIユーザーが、リアルタイムの広帯域コンテンツをはじめ、本格的なブロードバンドならではの高品位なサービスを存分に楽しむことができるでしょう。KDDIがネットワークを進化させるにあたって、新しい技術プラットフォームへのシームレスな移行を図りながら、既存のCDMAネットワークの持つ高いレベルの顧客サービスと信頼性を維持・強化していけるよう全面的にサポートをしていきます。」

KDDIの次世代ネットワークへの移行には、日立のEvolution Packet Core (EPC)が新たに導入されます。この新しいEPCには、将来のアクセス需要にも応えられる拡張性を備えた業界標準のATCAプラットフォームであるNortelのモビリティ・マネージメント・エンティティ(MME)、および新ネットワークへのシームレスなアップグレードを行うためのKDDIの現行の運用・管理・プロビジョニングシステム(OAM&P)の改良などが含まれます。

Nortelは先ごろ、ドイツのボンにおいて、通信事業者T-Mobileと共同で実環境の条件下でのモバイル通信試験を成功させ、LTEに関する技術の高さ業界をリードし、市場投入を短期間で実現することを示しました。Nortelはまた、CDMAからLTEへの移行を予定する米国の大手CDMA通信事業者Verizonのトライアルパートナーにも選ばれています。


Nortelについて
Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、BUSINESS MADE SIMPLE(ビジネスをよりシンプルに)という理念を具体化して顧客の皆様に提供します。Nortelは通信事業者と企業の双方に向けた次世代技術により、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションをサポートします。またNortelは、ネットワークを簡素化し、人と必要な情報を必要なときに結びつけて、効率改善、迅速化、パフォーマンス向上における障害を取り除くよう技術設計を行っています。Nortelの事業展開は世界150か国以上におよびます。詳しくは、www.nortel.com をご覧下さい。またNortelに関する最新のニュースは、www.nortel.com/news でご覧いただけます。

当プレスリリースには、「可能性」「見込み」「場合」「期待」「思われる」「意向」「約」「計画」「想定」「努める」およびそれらに類似する表現およびそのバリエーションが含まれている場合があります。これらの表現は、関連証券法にもとづく予示的声明や情報を示しています。これらの情報は、Nortelを囲む事業環境、景気、市場に対するNortelの現時点における期待、見積、予測、予想に基づいています。またこれら情報は、予想が難しい重要な推定、リスク要因、不確定要因の影響を受けます。当プレスリリースで説明された結果や出来事は、実際の結果あるいは出来事と異なる場合があります。これらの要因やその他の詳細については、Nortel が米国証券取引委員会に提出した年次報告書Form 10-K、四半期報告書Form 10-Qおよびその他の提出書類に記載されています。Nortelは、適用法により要求されない限り、新情報、将来の出来事、その他の如何にかかわらず、あらゆる予示的声明を含め、このプレスリリースのあらゆる記載情報について、それを更新・改正する意思あるいは義務を放棄します。


* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。


「パートナー」や「パートナーシップ」という言葉は、Nortelと他の組織との法的なパートナーシップ関係を意味するものではありません。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。